Sign Up

Sign In

Forget Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

  1. 子どもって、想像以上に「お母さん」が大好きな生き物です。だからこそ、無意識に「お母さん」の視点を自分も理解したいと思って真似しようとするし、お母さんの価値観や考え方を通して、世界との関わりと学んでいくものです。 それくらい大好きで大切な人だからこそ、「幸せでいて欲しい、笑顔でいて欲しい」と願うのは当然のこと。それはきっと、親が子を思う以上に強い気持ちなのではないかな、と思うのです。 そんな家族の中心であるお母さんだからこそ、自分を幸せに、笑顔にするのはとても大事な役割なんです^^ ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/be-a-happy-mother/

  2. 依存と自立

    「自立」には、ネガティブなものとポジティブなものの2種類があって、ネガティブな「自立」の裏には満たされなかった思い(ニーズ、欲求)が隠されていることが多いのです。 「自立」しているつもりでも、自分の価値を他者の評価に委ねて(依存して)しまって、なかなか自分に自信が持てないならば、どこか満たされなかった思いが”心の古傷”として疼き続けているのかもしれません。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/dependence-and-independence/

  3. それが本来の自分らしさであっても、今までと違う生き方をしようとした時は、勢いが付きすぎて自分がコントロール不能になった感じがしたり、一時的に心の抵抗や反発が生まれたりするものです。 男性性と女性性は、どちらか一方に偏るのではなく、自分らしいバランスを取れるようになるのが最終ゴール。どんなに反動がついても、いつかは「自分らしさ」の枠に収まるはず。 今は勢いづいて女性性側に振り切った自分を、楽しく味わう時期なのかもしれません^^ ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/losing-control-my-femininity/

  4. 感情のコントロールと対人関係

    私たちは、自分の欠けている(と感じる)部分を埋めようと頑張りすぎてしまうことがあります。 だけど、どんな性質にも長所短所があるのだとしたら、「欠けている」部分を改善しようとし続けるよりも、「あるもの」を長所として活かす方が幸せなんじゃないかと思うんです。 「繊細さ」は弱さのように捉えられがちですが、人生をより深く味わうことのできる、素晴らしい才能の一つでもあるのです。その才能を、もっと堂々と、自分の喜びのために発揮してみてはいかがでしょうか? ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/get-along-with-my-sensitivity/

  5. 一説によると、人間は1日に6万回思考していて、そのうちの7~8割がネガティブなものなんだそうです。 それがなぜかというと、「思考」の最優先事項は、私たちを「生き延びさせる」ことだから。最悪の事態を想定し、そのリスクを回避することを一番の目的としているのです。 人間誰しも、一人で考えていると思考はネガティブな方向でループしがちなもの。ということで、そんな時にオススメの「グルグル」脱出法をいくつか提案してみました。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/how-to-select-my-best/

  6. 元々警戒心強めで、人を信頼するのに時間がかかるタイプは、一度気を許した相手にはとことん近づきたくなるし、信頼できそうな相手には、今まで我慢していた「欲求」が噴出しがちです。 「この人なら、私の欲求を受け止めて、叶えてくれるかもしれない!」という期待が、相手を目の前にして溢れ出てしまうからです。 だけど、その欲求に翻弄されてしまうなら、欲求とは真逆の思い込みが心を傷つけているせいなのかもしれません。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/want-to-be-special/

  7. 親との関係について

    日本人総アダルトチルドレンなんて説があるくらい、実は親との葛藤を抱えていること自体は強度の差こそあれど、思った以上に一般的なことだったりします。 親との関係で受けた傷を癒すために大切なのは、当時感じていたはずの自分の気持ちに正直になること。親へのネガティブな感情を否定しないこと。 ありのままの自分の気持ちをとことん許していくことでも、親に感じていたわだかまりがほどけていくこともあるのです。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/accept-negative-feelings-to-your-parents/

  8. 自分が抱えている潜在的な欲求を受け入れてもらえそうな相手が現れると、ついつい「この人なら受け入れてくれるんじゃないか」と期待してしまうし、期待が裏切られそうな状況に対して、抵抗が出てきてしまうのは当然だと思います。 まずは、「自分が満たされたいと感じている」というニーズを理解すること。そして、そのニーズを先回りして自分自身で満たすことで、相手への過剰な期待を手放すことができるかもしれません。 ▼回答はブログから https://life-size-me.com/understand-my-true-desire/

  9. 自分がカウンセリングを「どのようなもの」かと思うかは、自分で決めていいんだと思います。 そして、カウンセラーとクライアントという関係性であっても、基本は人間関係ですから、合う・合わないはあるのは自然なことです。 より距離が近い関係性だからこそ、「自分が選ぶ」という意識をしっかりと持って、「自分はどんなカウンセリングを受けたいのか?」や「自分にはどんなカウンセラーが合うのか?」を明確にした上で、自分に合うカウンセラーを探すのをオススメします^^ ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/choose-my-good-counselor/

  10. 自覚のない自己犠牲をやめたい

    相手のことが気になりすぎたり、相手の責任をまるで自分の責任のように感じてしまうのは、相手との心理的距離が近すぎるのが原因だったりします。 だけど、相手の問題は、ちゃんと相手に返すことが大切です。 それは、自分の問題の責任をちゃんと自分で取ることでもあるし、自分の人生の責任を、自分で持つことにもつながるのではないかと思うのです。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/take-responsibility-for-my-own-life/

  11. This comment was edited.

    私たちは、自分が選んでいないものは、体験することはできません。 人と比べれば、常に隣の芝生は青く見えて、自分が選んでいなかった方があたかも正しかったのではないかという錯覚を起こしてしまうものです。 じゃあ、自分にとっての「正しい答え」を見つけるにはどうしたらいいのか? それは、自分が選んだことを「自分にとっての正しい答え」だったと認定すること以外にないのかもしれません。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/how-to-make-my-choises-correct/

  12. 「試す」という行動の土台にあるのは、「疑い」なんです。相手の気持ちも、自分の愛される価値も信じられないから、「私は愛されない」ことを証明したくて試し続けてしまう。 だけど、試してしまうのは、本当に感じている気持ちを出せないせいなのかもしれません。そして、その気持ちを出さないことこそが、相手への愛の証なのかもしれません。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/trial-behavior-and-real-intention/

  13. 息子への接し方について

    私たちは、自分の思い込みや観念を外側に投影して世界を見るものですが、親は特に自分の内面を子どもに映し出して見てしまいがちなのです。 お子さんが見せてくれる問題を通じて、親が親自身の問題に気付き、手放していくことで、心配ではなく信頼でつながる親子関係を築けるようになったら、お互いハッピーですよね^^ ▼回答はブログから https://life-size-me.com/trust-rather-than-worry/

  14. 非公開: 人間不信を治したい

    どんなに人間関係で傷ついた経験があっても、「他人を疑い、ジャッジしてしまうような行動パターンを改めたい」「人間不信を治したい」と思えるということは、本来はとても人が好きで、愛情深い方なのだと思います。 人への警戒心は、「もうこれ以上傷つきたくない」からこその自己防衛です。 自分が「人間不信」にならざるを得なかった状況を理解して、その時に感じていた本当の気持ちと向き合ってみてはいかがでしょうか? ▼回答はブログから https://life-size-me.com/wariness-and-fear-of-intimacy/

  15. 母と家族との関係、恋愛など

    This comment was edited.

    「家族なんだから」という言葉に、ある意味「洗脳」されて、我慢しなくちゃいけない、それでも愛さなきゃいけない、受け入れなければいけないと思い込んでしまう。 だけど、「かわいさ余って、憎さ百倍」なんて言葉もあるように、思いの強さや深さの分、ポジティブにもネガティブにも触れるのが、人の心なんです。 どんなに大好きな人でも、嫌な所があって当然なのだから、自分のネガティブな感情を認めて、許してあげませんか? ▼回答はブログから https://life-size-me.com/love-and-hate/

  16. 脳内の夫がうるさすぎます

    良くも悪くも、人って自分でそう思っていることしか受け取れないものです。 自分をダメだと思っている人は、どんなに褒められても受け取れないし、逆に自分をめちゃくちゃ肯定している人は、他人の非難の声に鈍感でいられます。 どこか自分の中に「自分は否定されて当然な人間だ」という思いがあると、自分で自分を攻撃している分だけ、他人も使って自分を攻撃してしまうことがあるのです。 https://life-size-me.com/break-the-curse-of-self-denial/

  17. This comment was edited.

    私は基本的には、「本当の自分」を見るって「辛いもの」だと思っています。なぜならそれは時に、自分の弱さと向き合うことでもあるからです。 私が思うに「本当の自分」というのは、今まで光を当ててきた「良い」部分も、影に隠そうとしてきた「悪い」部分もひっくるめた丸ごとの自分だと思うのです。 ▼回答はブログにて https://life-size-me.com/meet-my-true-self/

  18. 相談するのが苦手

    感情や感覚は、誰かや何かと比べて測る相対的なものではなく、その人だけの絶対的なものなので、まずは自分が感じている気持ちを素直に受け入れてあげませんか? 自分の今の現実を変えるには、ほんの少しだけ勇気を出して、いつもと違うことをやってみることがとても大切なので、「相談が苦手」なはずの自分が、ここで相談できたことをたくさん褒めてあげてくださいね! 回答はブログにて▼ https://life-size-me.com/your-feeling-is-yours/

  19. This comment was edited.

    なんとなく自分に自信がない時とか、自分を否定しているような時って、周りの人がすごく眩しく見えたりするもんです。 しかも、そういう時って、無意識に「自分のダメなところ」と「相手のすごいところ」と比べてたりするのです。 だけど人間誰しも、「前向きに頑張れる」時もあれば、「後ろ向きで頑張れない」時もあるものですよね? まずは「ダメだと思っている自分を許す」ことで、自己否定を緩めてあげるのはいかがでしょうか^^ https://life-size-me.com/who-blame-you/

  20. もそも論ですが、どうしても母親というのは、第一子女児に自分を重ねて見てしまいやすいというのがあります。(これを投影と呼びます。) そしてその「投影」とは、自分の気づいていない、未消化な感情に気付き、改めて手放すために起こるものと言われています。 だとすれば、娘さんは一体何に気づかせてくれようとしているのでしょう? 目の前の相手が見せてくれる自分の隠された思いを知ることが、「投影」の大きな役割の一つでもあるのです。 https://life-size-me.com/parenting-and-psychological-projection/

  21. 親密感の恐れの克服について

    親密感の怖れがあろうが、罪悪感や無価値観にまみれていようが、ちゃんと幸せになれますし、頭であれこれ考えなくても、今感じている深く熱く大きな愛に自信を持てさえすれば、全部大丈夫なんです。 ご自分の本当の気持ちに寄り添い、愛に自信を持ち、自分の求める理想のパートナーシップを手に入れる許可を自分に与えてあげて欲しいのです。 https://life-size-me.com/divorce-and-fear-of-intimacy/

  22. 嫉妬いうのは、自分にないものと、相手にあるものを比べるから起こるものと言われています。 じゃぁ、自分にあるものと相手にないものを比べたら? 一言でいえば、「自己肯定感」ということになってしまうのですが、今までの経験も含め、それを経験してきた自分を丸ごと、「これが私で、これが私の人生」と認めてあげることが大切なのかもしれません。 https://life-size-me.com/when-you-worry-about-comparison/

  23. 社会構造が変わりつつあっても、なかなか人々の意識は簡単には変わりませんから、「男の方が稼いでいるから、男がお金を多く出すもの」なんて考えや期待も、未だにポピュラーだったりします。 また、お金というのは、人間の様々な感情を映し出す鏡のようなものです。なので、表面的には「お金」の問題に見えても、実は「お金」で悩んでいるわけではなかったりします。 「自分が彼よりも稼ぐこと」「夢を叶えること」への怖れは、元々あった彼との関係性に対する不安と向き合うきっかけなのかもしれません^^ https://life-size-me.com/anxiety-for-earning-a-lot/

  24. 好きな職業の知り方

    私たちが職業として知っているのは、実はその仕事のごく一部でしかなかったりするのです。 なので、自分のやりたいことを最初から「職業」として考えるよりも、まずは自分の好きなこと、やってて楽しいこと、夢中になれることを、「要素」としてリストアップすることをオススメします^^ https://life-size-me.com/how-to-find-my-dream/

  25. 自分の存在価値に自信を持つことができないと、身の回りの人間関係の中で、「自分の価値を証明したい」という欲求に振り回されてしまうことがあります。 だけどまずは、傷ついた心を抱えながらも、お友達の思いを信じたい、受け取りたいと強く願う自分の愛情を信じてあげて欲しいのです^^ https://life-size-me.com/worthlessness-makes-fear-of-intimacy/

  26. 親の笑顔が怖い

    「母に対して、恐ろしさや肝が縮こまるような気持ちを感じたとしても、あなたは何も悪くない」 怒りだろうが、不快感だろうが、憎しみだろうが、怖れだろうが、不安だろうが、不満だろうが、感じてしまったものは、自分の中で無かったことにはなりません。 なので、まずはそう感じてしまった気持ちを無いものにしようとしたり、否定的な気持ちになって責める必要なく、ありのままに受け止めるのが大切だと思うのです。 https://life-size-me.com/drawing-a-border/

  27. This comment was edited.

    しんどい期間が長かったと思うので、一朝一夕ではなかなか変化は見られないかもしれませんが、あまり急いで結果を求めすぎると、それもまた「できない自分」への攻撃に変わってしまうこともあるので、のんびりと、長い目で自分を見守る気持ちも大切です^^ 「私は何も悪くない。自分がダメだと思う気持ちも、ただの思い込みであり、勘違いだ。」ということを認めることが、変化への大きな一歩になるかもしれません。 https://life-size-me.com/misunderstanding…uses-self-denial/

  28. 本来、人は多面的なものです。どこを切り取ってみるかで、その人の見え方、捉え方が変わります。 心理学には「投影」なんて言葉があって、自分の要素を相手に映し出してみてしまうという機能もあります。 どちらの言葉も居心地が良かったのなら、「そんな風に見えるのか~」って感じで、さらっと受け取ってみてはいかがでしょうか? https://life-size-me.com/your-charm-is-polyhedron/

  29. 「鎧を脱ぎたい」と思った時点で、何かしら自分の中に「こうなりたい自分」が生まれていたのだと思います。 まずは「なぜそうしたいのか?そうすることで、どうなりたいのか?」というのを、自分の中で見つけてみてください。 それさえ見つかれば、必要な手段は自ずとわかってくると思いますよ^^ https://life-size-me.com/why-armor-myself/

  30. 子育てとキャリアの焦燥感

    This comment was edited.

    不安な気持ちを払拭するために一番大切なものは、「信頼」だと思っています。自分自身に対する信頼、周囲の人たちに対する信頼、大きな流れに対する信頼。 必要な助けはいつだって、用意されているものです。なぜなら、人生の流れはいつも完璧に、私たちを成長させるために準備されているものだからです^^ https://life-size-me.com/let-the-river-flow/

  31. これまでずっとバラバラの人生を生きてきて、全く違う環境で、全く違う土台があって、一人の大人として、お互いに自分の価値観を築いて、ここまで生きてきた二人が一つの家族になろうとした時、スムーズにいかなくても当然ではありませんか? それでも、この人と一緒に生きていきたい!と思える相手だからこそ、お互いの価値観を理解しようとしたり、相手に近づこうとしたり、相手にわかって欲しいと思えるもの。 だとしたら結婚って、自分のある意味凝り固まった価値観や視野を広げるために、めちゃくちゃ役に立つ経験だと思うのです。 https://life-size-me.com/partnership-with-differeRead more

  32. 自分の心と向き合うことは、実は、とてもしんどいことなんです。 自分でも見たくなかった自分や、過去の痛みを、自分ひとりで受け止め、見つめ直さなければいけないことだから。 そんな苦行に疲れてしまった今は、一人自分の心を真摯に見つめ、自分の弱さや苦しみと向き合いながら、自分の人生を取り戻そうと、ずっと頑張ってきた自分を、しっかりと労ってあげる時期なのではないでしょうか^^ https://life-size-me.com/love-me-as-i-am/

  33. 子供は無条件に親が大好きなので、無意識に親の期待通りに生きようとしてしまうものです。ただ、そんなご両親への愛情こそが、自分自身を縛る鎖にもなり得るのです。その鎖を、自らの手で解くことを、私は親からの”精神的自立”と呼ぶのだと思っています。 親がどう思おうが、何を言おうが、「これが私だし、この私がいい!」と言える自分になること。親の期待する人生ではなく、自分が生きたい人生を生きること。 それが、自分らしさを取り戻すことであり、自分軸を立て直すことだと思うのです。 https://life-size-me.com/allow-my-own-style/

  34. 自分の存在に自信がないと、まるで相手からの愛情こそが、自分自身の存在価値や生きる意味であるかのような気がして、どうにか相手の恩寵を受けるべく、無意識に頑張ってしまうものです。 まずは、自己肯定感を高めて、彼に自分の価値を認めてもらいたいという欲求(ニーズ)から、一歩距離を置くこと。”自分軸”を立て直すこと。 今後、彼と復縁したとしても、新しい恋と出会ったとしても、「自分軸」と言う名の心の筋肉は絶対に自分を裏切りません。 自分が思い描くハッピーエンドは、誰かに叶えてもらうのではなく、自分で叶えられるものなのです^^ https://life-size-me.com/to-retrieve-mysRead more

  35. お付き合いして数ヶ月とのことですから、きっとこれから、色々な出来事を乗り越えて、絆を強めていく時期だと思うのです。より良い関係を築いていくためには、時には自分の弱さを見せたり、隠しておきたい正直な気持ちを伝える必要もあるのかもしれません。 まずは、自分の不安な気持ちに寄り添い、これまで我慢してきた本音を、自分自身が聞いてあげませんか? https://life-size-me.com/build-good-partnership/

  36. 【旦那の仕事の辛さをなんとか助けられないか】 私たちは、目の前に見えるものをどうにかしようと手を尽くしがちです。でも、自分の内側にあるものが、外側に映し出されているのが、この世界だとすれば、自分の中にあるものを変えない限り、見えているものは変わりません。 旦那さんを直接的にどうにかしようと気を揉むよりも、まずは自分自身の心を緩め、リラックスできる場を作るという形で、頑張る旦那さんの力になってみるのはいかがでしょうか? https://life-size-me.com/ease-yourself-first/

  37. 頑張り屋さんは、ついつい自分の限界まで、やるべきことを詰め込んでしまいがちですが、意外と世の中、やらなくてもどうにかなることばかりです。 疲れたな、とか、イライラするな、というのは、「もっと手を抜いていいよ」というサイン。 家族みんなの幸せのためにも、自分軸を取り戻し、心に余裕を持つことを最優先にしてみませんか? https://life-size-me.com/too-much-to-do/

  38. 人は自分のニーズ(欲求)を自分で満たすことができない時に、外側に救いを求めてしまうものです。 なので、「自立」の一歩としては、自分の要求に、自分で応えてあげられるようになることが大切だと思うのです。 https://life-size-me.com/responsibility-for-happiness/

  39. 私達は、自分を愛するようにしか、他人を愛することができません。だから、誰かを愛するためには、まず自分自身を愛することが必要なのです。 持ち前のクソ真面目さを発揮して、愚直に自分を愛することを優先していった先には、きっと今以上に誰かを幸せにできる、レベルアップした自分に出会えるはずです^^ https://life-size-me.com/release-self-sacrifice/

  40. いい人病から抜け出せません

    私達は生まれてから今まで、知らず知らずの間に、たくさんの価値観に”洗脳”されているといっても過言ではありません。そして、その価値観によって、無意識に自分自身を縛り付けていたりもするのです。 「いい人」でいることで愛される、という戦略がうまく働いている間は、そのままでも良かったかもしれません。でも、そのルールが自分にとって居心地の悪いものになったのなら、そろそろそのステージを卒業するタイミングが来た、ということなんじゃないかと思うのです。 https://life-size-me.com/how-to-live-my-life/

  41. 思考も感情も、目の前の出来事に対して起こる、無意識な反応のようなものなので、自分自身に対してかなり注意深くならないと、意識することができないものです。なので、日記を書くことを通して、自分の内側に目を向けるということは、”引き寄せ”を理解する土台として、すごく良い行動だと思いますよ! まずは自分自身を知ることから。引き寄せの理論理屈を学ぶのは、その後でも十分です^^ https://life-size-me.com/what-is-mind/

  42. 夫婦関係とお金について

    This comment was edited.

    パートナーシップは「鏡」のようなものだと言われます。つまり、相手という鏡に映るのは、自分の持っている要素そのものなのです。 相手を見ることで、自分に気付く。実は、それこそがパートナーシップの大きな役割なのかもしれません。 http://life-size-me.com/suppression-and-projection/

  43. ネガティブな感情を感じるのが辛くて、思考的になってしまうと、ずーっとモヤモヤ。本当の答えは誰にもわからないので、すっきりせず、思考は同じところを回り続けます。 悪口を言われて、いい気分がする人なんて誰もいません。悲しいし、悔しいし、傷つくし、腹立つし、ネガティブな感情が腹の底から湧き上がるのは、とても自然なこと。その感情を、しっかり感じて、受け止めてあげませんか? http://life-size-me.com/hurt-by-backbiting/

  44. 爽やかな性格になりたいです!

    自分が感じている、「自分はこんな人」という定義を誰かの言葉によって書き換える必要はありません。それがネガティブなものなら、なおさらです。実は”言葉”というのは、その定義づけによって意味や認識が変わってしまう、とても不安定なものです。 せっかくの唯一無二の、個性的な自分らしさが、誰かの言葉でかき消されてしまうのは、とてももったいないことだと思うのです。 http://life-size-me.com/strong-character/

  45. 嫉妬、束縛、不信感も、恋をしているからこそ強く感じる感情です。言うなれば、そのくらい大好きってこと。彼と一心同体でいたい、そんな気持ちなのかもしれませんね^^ 相手を好きだから、相手に振り回される。それは、真剣に相手と向き合っている証拠とも言えますが、自分があまりに苦しくなってしまうのなら、「彼のことが好きすぎて、ちょっとばかり他人軸(彼軸)になりすぎてしまっているので、ここらでぐいっと自分軸を取り戻しましょう!」っていうお知らせなのかもしれません 。 http://life-size-me.com/different-ways-of-loving/

  46. 生粋の頑張り屋さんは、やりたいことをやる気力や体力を使い尽くすくらい、やるべきことをきっちりやってしまうことがあります。でも、そもそもなんでそんなに頑張ってしまうのでしょう?なぜ、頑張らなければいけないと、自分を追い込んでしまうのでしょう? 「精神的自立」というのは、自分の幸せに責任を持つことだと思うのです。 http://life-size-me.com/leads-to-very-best-something/

  47. 結婚目前で突然の彼の心変わり

    もし今回の出来事が、自分の中の深い愛に気付くために起こした、自作自演の出来事だとしたら? 相手の自由を認める、相手の幸せを願う。 そんな、深く大きな”真実の愛”とも呼べる感情を、経験の中で学びたかったのかもしれません。 http://life-size-me.com/male-retreat-into-the-cave/

  48. 自分の引き寄せ力が怖いです。

    自分の意識が現実化するという体験は、これからの世の中で、どんどん当たり前になっていくのだと思います。内部の感覚に集中して、自分の本質と繋がるって、本来とても素晴らしい体験なのではないではないでしょうか?せっかく自分の本心と向き合って、心から望んだ願いを引き寄せることができたのなら、堂々と、両手を広げて受け取ってあげて欲しいのです。 http://life-size-me.com/thoughts-make-thing/

  49. 内弁慶な自分を治したい

    「内弁慶」というのは、社会生活を送る上で、とてつもない我慢を自分に強いていることで感じたストレスを家庭の中で発散している、というわけです。では、なぜそんなにも社会生活でストレスを感じてしまうかといえば、「いい子」の仮面が外せないから。いわば、「内弁慶」というのは、「いい子」の裏のアンダーグラウンドな一面でもあるんですね。 まずは、我慢に我慢を重ねてきた自分の言い分を肯定してあげること。誰にも分ってもらえないと封じ込めた本当の自分の気持ちに、寄り添ってあげませんか? http://life-size-me.com/lion-at-home/