Sign Up

Sign In

Forget Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

  1. 【動画deカウンセリング】 好きなタイプなのに、距離感近くなると何故かシャッターが降りてしまう。 このような心理パターンを「親密感の恐れ」と言います。 このパターンがあると、距離感が近くなるにつれて恐怖や抵抗感を感じて、親密感を感じる事が出来ません。 この状況から、前に進むには「恐れ」よりも「愛」を選択する必要があります。 ・その人と、どんな将来を描きたいのか? ・その人と、どんな関係を築きたいのか? ・その人を愛したいですか? など、私がどうなりたいのか?を決めることで、その目標に向かって進んで行くことが出来ます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-Read more

  2. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】 元カレとの恋愛が終わって、すぐに新しい彼とお付き合いをした時 元カレへの、未練がまだまだ残っている状態になったりします。 元カレと別れてから期間が短ければ、未練が残ってしまうのは仕方ないことです。 そんな時は、ちゃんと心の中でも、お別れをしましょうという提案をします。 元カレを手放して、恋愛をクロージングさせることで、次の恋愛の準備が できて、次のステップに進むことができます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-73-161

  3. 気持ちを伝える方法

    【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】 パートナーシップの間で、問題やお悩みの1つになるのが 「コミュニケーション」です。 この「コミュニケーション」を取り合う時に、自分の想いや意志を相手に伝えることを、どこかで遠慮してしまったり、 悪い事のように思ってしまい、自分の中で、モヤモヤを溜め込んでしまうと、苦しくなって、しまいます。 そんな時に、どうした彼や夫に対して伝えて行けばい良いのか?を動画にて解説しています。 https://watashijiku-life.com/pemalink-72-1595

  4. 拗ねて音信不通になる彼氏

    自分の人生の主導権を相手に渡している時、どうしても、感覚的に振り回されている感覚を感じます。 そんな状態の時は「他人軸」になっています。 この「他人軸」の状態から「私軸」の状態に変わることで、自分の人生を主体的に生きれるように なります。 この「私軸」になる時に大切にしたいのは「ワクワク感」や「ドキドキ」の感情です。 この感情をヒントにすることで、自分らしい生き方を見つけることが出来ます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-67-1526

  5. 人の顔色を伺ったり、人に合わせてしまったりする時、この裏側には「恐れ」が隠れています。 この恐れを感じたくないので、本当は違うと思っていても、嫌われるのが怖いなどが理由で 「自分はしたくないことだけど、何かを恐れてする行為」を犠牲と言います。 犠牲をしても、得られるものは「嫌われなくて良かった」という安心感だけです。 そんな他人軸の状態から、自分軸へシフトすることで人間関係も楽になり、自分の人生を歩んでいけます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-65-1512

  6. 自分の事を他人と比べている時、私達は自分の価値を無かったしています。 自分の価値(自己価値)を高めなくても、自己価値は戻すだけ十分です。 なぜならば、私達はみんな、自己価値が高い時代があったから。 自己価値が低い赤ちゃんっていませんからね笑 自分を好きになることや、自分を受け入れることで、自己価値は戻ります。 他人軸から「私軸」になって、自分を大好きになりましょう!! https://watashijiku-life.com/pemalink-64-1463

  7. 恋愛対象に見られません

    自分のことを嫌いな時や自己嫌悪していると、自分を低く扱ってしまいます。 その時に「今のままじゃダメなんだ」と思い、自分ではない誰かになることで、愛されようとします。 私達には持って生まれた才能や、魅力があり、誰もが愛される価値を持っています。 自分の本質を素直に受け入れてあげることで、本人が持っていると才能や魅力や価値が輝いていきます。 「自分で自分をもっと好きになる」ことが、自己肯定感や魅力UPに繋がります。 https://watashijiku-life.com/pemalink-61-1435

  8. 男性は敵?

    男性との競争心の裏側にあるのは「自分の弱さを認められない」という想いです。 これは、自立した方に多く見られるパターンで有り、女子校育ちの方にも多いです。 この心理を手放していくには「負けを認めること」が重要です。 負けを認めても、実は負けではなく、競争をやめるために負けを認めるのです。 そして、ポイントになるのが女性性です。 女性性を高めることで、自立を手放し、相互依存のステージに向かうことが出来ます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-59-1407

  9. 旦那が家出 復縁できますか?

    パートナーシップで別れの危機が訪れると、どうしても立場が逆転した結果 依存側になってしまいます。 男性は「罪悪感」を感じると「罪悪感」から相手に攻撃をするという特徴があり、 この言動に振り回されずに、自分に意識を向けて「私軸」でいることが大切です。 ・自分で自分を幸せにすること ・パートナーシップを諦めない気持ち この2つの想いを相談者さんにご提案させて頂きました。 https://watashijiku-life.com/pemalink-57-1384

  10. 私達の中の心の中には、依存時代のハートブレイクが残っており、その影響で現実世界で問題を作り出します。 依存時代のハートブレイクで、起きやすい人間関係のパターンに「親密感の恐れ」というのがあります。 この「親密感の恐れ」は依存時代から、自立に向かうプロセスの中で起こります。 「親密感の恐れ」を乗り超えて行く時に、必要なのは「私はどうしたいのか?」という意志の力です。 この意志の力が「親密感の恐れ」を乗り越えて行く原動力になります。 https://watashijiku-life.com/pemalink-55-1357

  11. パートナーの言動を理解したい気持ちも大切ですが、もっと大切にしたいのが「私の気持ち」です ・私はどんな幸せが欲しいのか? ・私はどんなパートナーシップが欲しいのか? ・私は今後、どうして行きたいのか? ・私が本当に幸せを感じるために必要なことは何か この想いが、私を幸せへと導いてくれます。 自分で自分を幸せにしてあげる選択をして行きましょうというご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-54-1340

  12. ロックマンや、野良猫男子に見られる特徴として、顕著に現れるのが「親密感の恐れ」です。 「親密感の恐れ」から意味不明の暴言や、既読スルー、逃走など「愛」というものを信頼できない度合いだけ、 ハードルを用意して相手の本気度を確かめようとします。 でも、そのハードルに振り回されてしまうと、本当にしんどいですよね。 こんな時こそ「私軸」です。 ・「私はどうしたいのか?」 ・「私の幸せってなに?」 ・「私がしたいことは?」など 「私」に意識を向けて、人生をもう一度デザインして行きましょうというご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-53-1324

  13. 「自分の目の前に起きてることは、自分の心の奥で思っていること」こんな格言が心理学ではあります。 自分が望んでいるのに、現実が上手くいかない時は、自分の心の奥を覗いて見ましょう。 そこには「恐れ」や「恐怖」「昔の傷」や「ネガティブなイメージ」など沢山の上手くいかない理由があるはずです。 その理由を素直に認めて上げるには勇気が必要ですが、最短でプロセスを進めることができます。 まずは、今の自分を全ての認めて上げましょうというご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-51-1298

  14. 離婚や別居などの問題で悩んでいる時、どうしても「正解」や「正しさ」「世間体」などに 意識が向いてしまいがちです。 こんな時こそ「自分にやれることを全部やる」ことで、意識を相手から自分に向けることができます。 自分と向き合うことで「自分は本当はどうしたいのか?」の私軸になっていきます。 「自分と向き合い、やれることを全部やる」この姿勢が今後の人生で後悔のエゴから自分を守ってくれます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-48-1271

  15. 「お姫様マインド」を持っている武闘派女子の方はとても多いのですが、 何らかの事情により、お姫様自ら戦場に向かわないといけない事も、あったかも知れません。 お姫様が戦場の最前線で活躍し、その後に戦場がから引き上げても中々、お姫様には戻れずに苦労したり お姫様で有ることを忘れてしまっています。 自分がお姫様であるにもかかわらず、お姫様に嫉妬したり劣等感を感じるのはそのためです。 お姫様はどこに行ってもお姫様ですから、そろそろお姫様に戻りましょう!!というご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-47-1255

  16. 彼が結婚に対して「抵抗感」や「あーでもないこーでもない」と言っている時 実は、男性心理としては「自分に自身が無い」「家族を持つ責任感」を 感じています。 結婚したいのにと決断できない彼を待つよりも「私が先に結婚にコミットメントする」ことで 状況を打開できます。 本気の覚悟を持つことは、彼ではなく自分と向き合うということ。 決めれない彼の為に私が決めてリーダーシップを取ってはどうですか?というご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-46-1247

  17. 旦那様から突然、別居を切り出されてしまうと、どうしても自分を見失ってしまい「他人軸」になりがちです。 でも、こんな時だからこそ「私軸」です。 ・どんなパートナーシップが欲しいのか? ・どんな人生を生きていきたいのか? ・どんな私になりたいのか?など パートナーシップをやり直していくときでも「私軸」でのパートナーシップがベースになってきます。 彼に向ける意識を、自分に向けて行きましょうというご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-44-1227

  18. 野良猫男子が本当に去ってしまう時にポイントとなるのが「恐れ」の感情です。 1つは親密感の恐れ、もう1つは幸せになる怖れです。 この野良猫男子の恐れを安心感に変えるポイントは「楽しさ」や「自由」「余裕」などのマインドです。 野良猫男子の彼とも「遊んであげる」ような飼い主さんを目指してみてはいかがでしょうか?というご提案です。 https://watashijiku-life.com/pemalink-43-1218

  19. 「野良猫男子にいつも振り回されて辛い!!」「アイツの生態は何ですか??」「どう対処したらいいですか?」 このようなご質問を武闘派女子の皆様からお聞きします。 野良猫男子を扱う上で必要なのはやはり「私軸」=「自分軸」 そして、無邪気さや楽しさのマインド必要になってきます。 彼に向く意識を私に向けていくことで、女性性豊かな女性になり、結果的に野良猫男子に安心感を与えます。 https://watashijiku-life.com/pemalink-42-1206