Sign Up

Sign In

Forget Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

  1. 欲しいものは欲しいって望んでいいし、自由に自分らしく生きていいんですよね。 どんな生い立ちがあろうと、どんな恋愛をしてきていようと、したい恋愛や欲しいものを望んでいいんです。 今回は、セクシャリティにも着目して、お届けしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13073

  2. 『考えるより感じろ』かもしれません。 今は、ほたるさんが感じていることが、すべてではないでしょうか? もしかすると、ずーっと感じることを避けてきたのかもしれません。そこには様々な思い込みもあるのだと思います。 それらを手放しつつ「私はどうしたい?」を自分軸で探して決めるトレーニングを少しずつしてみてはどうでしょうか。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13050

  3. 彼と親密感を深めたい

    相手に親密感の恐れがあるとき、どうその恐れを超えましょう? 「怖くないよー。私は安心だよー。」って怯える猫を手名付けるように(笑)していく必要がありますよね。美味しいエサも与えながら。 また、お相手が親密感の恐れを持つということは、もしかすると、ご自身の中にも親密感の恐れがあるのかもしれません。 親密感の恐れを超えて、ふたりの仲を深めるためにできることをお届けいたしますね。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13008

  4. とてもお辛かったことと思います。 どうしてこの問題を抱えることになったのでしょうか? そこに目を向けてみると、今、向き合うべきことが見えてくるのではないでしょうか? はるかさんの、こころの痛みをどうぞ、そのままにしないでください。 旦那さまとのことも、必要以上に自分を責める材料に使わないでくださいね。 どうぞ、ご自身のこと大事になさってください。はるかさんのお幸せを心より願っています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13010

  5. This comment was edited.

    相手を許すって、あなたが許せないと思うことをした相手を、「してもいいよー。それでいいよー。」と受け入れることとは、私は違う気がします。 もうそんなことどうでもよくなるくらいに、自分が幸せでいること。ではないでしょうか? そのためにも、まずは、「この恨み、はらさせていただきます!」って思いっきりやることが大事かなーと思うのです。あ、イメージとかお恨み帳でね(笑)  そのうえで、次のプロセスや、向き合うにおススメなことを、綴っています。 どうぞ、お幸せになってくださいね。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12968

  6. 手放しについて

    さて、パートナーシップとオカン問題。お母さんとの癒着とその手放し。愛ゆえの母への罪悪感。罪悪感で繋がっていた関係から愛で繋がる関係へとシフトしていく。そのプロセスを順調にたどっているのではないでしょうか? オカン問題も十分向き合ってきたのなら、次は、オカンと離れてひとりの大人のオンナとしてどう生きるのか、そこをデザインしてみてはどうでしょう。 ダメをやってみる、タブーをおかしてみることで、ママにとっての良い子を手放していくことにも繋がります。そしてそのプロセスの中に、大人のオンナとして生きるというエッセンスを入れてみてはどうでしょうか?というご提案です。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 htRead more

  7. ご主人が離婚したいと言っていても、離婚を受け入れなくても、修復したいって思っても構いません。まずは、自分の気持ちにOKを出したうえで向き合っていきましょう^^ また、ご主人の言葉をすべて本心だと鵜呑みにしなくてもいいと思います。 そこで、やるべきことは、自分を整えることだと私は思っています。自分の心の土台を安定させること。 ある意味、別居はチャンス。彼の言動、態度に一喜一憂せずに済みますものね。その間に自分を整えていきましょう。 問題は、チャンスです。あなたが、よりあなたらしく生きることへのチャンスだと私は思います。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/Read more

  8. 他者と比べるのをやめたい

    それだけ、本当は自分のことが大切で、自分のことが好きなんだって思ってみてはどうでしょう^^ 繊細で感じやすいがゆえに、心の痛みも感じやすいかもしれませんね。少しでもうみうしさんの心が軽くなれば嬉しく思います。感受性の豊かさを活かして、感情をしっかりと味わうということのご提案です。 思考でぐるぐるしがちなあなたに、思考(男性性)と感情(女性性)両方を使うというプロセスでお届けします。感じることをおざなりにせずにしっかり味わうと、理論的思考もより活かせるようになると思います。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12923

  9. 42歳恋愛経験無し、孤独です。

    ともさんのご相談をお読みして、何というか、ぎゅっと押し込めた怒りや、諦め、悔しさといったものを感じるんです。感情を押し殺して生きざるを得なかったような感じがするんです。 感情に言いも悪いも本来はなく、怒りや悲しみなどを我慢し続けると、感情を感じにくくなります。心が不感症になるんですね。すると、嬉しいとか楽しいといった喜びの感情も感じられなくなります。人の温かさや繋がりでの安心感も感じにくくなるのだと思うのですね。 感情の解放が、カギとなり必要なプロセスだと思います。自分自身との繋がりを感じ、他者との繋がりや安心感を築いていけるように必要なプロセスをたどってみませんか? ▼ご相談へのお返事はこちRead more

  10. 別れを切り出せない

    AKさんが本当に知りたいことってどんなことでしょう? 記事では、いくつかご質問を投げかけております。 その質問に答えながら、読み進めていくと、本当の問題が見えてくるかもしれません。もしくは、悶々とする必要がなくなるかもしれません^^ そして、「私は、嫌われてもいい!」「私は、私の気持ちを言っていい!」など、叫んでみるのもいいかと思います(笑) ▼ご相談へのお返事はこちらです https://sweetrose.jp/archives/12905

  11. これはプレイ?本気?

    セックスって相手ありきなのですが、だからこそ、自分をどう扱っているかが、もろに反映されるって思うのですね。 心理学的に言うならば、ご自身の女性性、セクシャリティの豊かさ、魔性性を受け取れてますか?というお話しであり、簡単にいうと、自分の魅力、女性としての素敵な自分を認めてますか?蔑ろにしていませんか?というお話しです。 女性としての自分を大切にするレクチャーや、イイ女であることを受け取る今すぐできるミッションもお届けいたします。そのうえで、ご自身が本当に望むパートナーシップや、女性としてのあり方を描いてみてはどうでしょう^^ ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetroseRead more

  12. 自分から近づく方法

    方法論的なことついても語っておりますが…最後はやっぱり、こころのあり方って話しです。 まずは軽~くトライしてみてはどうでしょう。そのときに大切なマインドの話しもお伝えしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12846

  13. 何か悲しすぎる思いをする経験をして、まだあなたの心の傷が癒えていないのではないでしょうか。その自分を優しく労ることからしてみてはどうでしょう。 そして、生と死という言葉が何度も綴られています。 自分の人生をどう生きるか。あなたは自分を生きていますか?というセクシャリティ問題でもあり、あなたらしい人生を生きるということを自分に許し、デザインしてみてはどうでしょう? あなたの人生はあなたのものなんだもの。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12824

  14. 他人に言われたことは、何を言われたか。というよりも、なつさんがどう感じたか。どう思ったのか。どんな感情が湧き上がったのか。ここが大切になると思います。 今更って、あきらめも感じてきたことに未だに残っている感情を解放していきませんか? そして、母性を育てる(というより思い出すに近いかと思います)に繋がる日常にできることを少しずつ初めてみてはどうでしょうか。 ▼ご相談へのお返事はこちらです https://sweetrose.jp/archives/12799

  15. 自分の成長を感じていません。

    ぽちぷさん、今、とても苦しいですよね。実は私もリアルに苦しんでおりました… いろんなことを学んでもいらっしゃるし、実践だってしてきていらっしゃるので、情けなさや、いたたまれなさ、悲しみや切なさもたくさん感じていらっしゃるかもしれないですね。 「成長している」と言えるのは、明らかないい変化を目にしたときだけではないのかもしれません。一見、そうは見えないものも、実のところ、成長したからこそなのだとしたら。今回はそんな視点もお届けいたしますね。 そして、愛しているからこそ辛すぎるその状況を、手放していけるようにしてきましょう。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jRead more

  16. 大好きな人と付き合っているのに(結婚しているのに)満たされないことがある。それは、自分にとってとても大切なこと、セックス。彼への愛があるから、他で満たそうとするのだけど、そこに抱える葛藤、罪悪感。 セックスとセクシャリティ(=生命力・本来の自分の魅力) とっても愛情深い女性で、情熱的な女性であるあなたが、エネルギーを滞らせることなく、循環させて生きる。もっと自由に生きるには、という視点でお届けいたします。感覚的な部分が多いのですが、何かヒントになることがあれば幸いです。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12689

  17. 夫の浮気疑惑と母親の不倫

    今の辛い気持ち、ひとりで抱えていらっしゃるのでしょうか。お子さんには悟られないように笑顔で頑張っているのではないですか? ため込んで抑えている感情の解放をして、心にスペースを作るアプローチをご紹介しています。 >私がやるべきことはやはり執着心を手放すことですよね? yyyさんが、何への執着を想像なさっていたかたはわかりませんが、私は【母を手放す】ことをご提案しようと思います。 ▼ご相談へのお返事の続きはこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12631

  18. 罪悪感って、愛のないところにはわかない感情なのです。旦那さまへの愛にあふれているから、負担をかけていることへの罪悪感を感じるんです。とても優しくて愛にあふれた女性なのでしょうね。 お金の不安ということですが、実はお金の問題はお金そのものではないのです。お金に何かを投影して問題だと感じているのです。 これまであなたを守ってきてくれた生き方を手放し、自立を手放し、旦那さまとふたりで幸せになるという道を選ぶときが来ているのではないでしょうか? 愛する旦那さまとのパートナーシップをより深めて、ふたりで幸せになるというご提案です。 ▼ご相談へのお返事の続きはこちらです。 https://sweetrosRead more

  19. 【罪悪感】を持ちすぎなのかもしれません。欲求を持つのは当然なこと。あんなことも、こんなこともしてみたい。こんなこと思う自分なんて、最低なヤツなんて思う必要はないのだと思います。それだけで、不思議とすーっと軽くなられるのではないでしょうか。 そして、【セクシャリティ】を解放していくこともひとつのカギ。それはセックス云々そのものだけではなく、生きるエネルギーという大きな意味でのセクシャリティ。自分らしく生きることをもっと自分に許可してあげませんか? ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12672

  20. 私もご相談者さまと同じく、かなりのファザコンです。ずーっと理想のパパを夫に求めていたんですよねー(;’∀’) ファザコンを超えて、パートナーを信頼し、愛するには?というテーマの本日。 大人の女性だからこそのあなたの愛し方、与え方。 そのあたりを、今一度見つめなおしてみるというのは、いかがでしょう。 ▼あなたが、大人の女として彼との関係を深めるためのご提案の続きはこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12565

  21. 彼女への執着

    お相手に執着してしまう、自分以外の男性と仲良くしないで欲しい、自分の知らない世界で楽しそうにしているとモヤモヤする。これはつい、相手のせいにしたくなるかもしれませんが、ご自身の問題としてとらえてみるとどうでしょうか。 もちろん、彼女への愛があるからゆえに抱く感情です。ただ、愛と恐れを切り離していくと、可能になっていくのではないでしょうか。 こうやってご相談してこれるあなただから、おそらくそこを乗り越えられると私は思うのですね。 愛と恐れを切り離していく手法をお届けしています。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12590

  22. セックスの断り方

    あなたは、何も悪くない。 あなたは、何もおかしくない。 まずはこちらはお届けさせて欲しく思いました。 私は、この記事を書きながら、なんか感情溢れてきちゃって… 泣けてきちゃっているの。18歳の娘もいる、いい歳したおばさんです。 自分が悪いのかも、おかしいのかも、って思いそうになったら、「あ、あのおばさんが、そんなことないよ。って言ってたなー」くらいに思い出してもらえればと思います。 ▼ご相談へのお返事、続きはこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12624

  23. This comment was edited.

    相手ありき、相手軸な状態になってはいませんか?彼と離れているのに、いつも彼のことを考えているような感じではないでしょうか。相手のちょっとした顔色の変化、機嫌の良し悪し、「私のせい? 私の何がいけなかったの?」どう思って、思ったことを言えなくなったりすることをずーっとしてきているのかもしれません。 やはりここは、相手軸から自分軸に戻していくこと。そして、恐れていることを明確にしていくことだと思います。 最後に、とてもシンプルですが効果抜群かもしれないアファメーションもお届けしますねー。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12594

  24. わたしたちって、信じたいものを信じているんです。それって、表面的なものではなく、心の奥底にある信じたいもの。 そして、その信じているものを現実が見せてくれるんですよねー。 向き合うべきは、彼ではなく自分自身、そのときがきているのではないでしょうか? 日常使う言葉としての「真実」と心理学的な意味合いの「真実」は少しニュアンスがかわってくるかもしれませんので、そのあたりも事例を交えてお届けしたいと思います。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12596

  25. 2記事目は、 感情の解放。 女性性・セクシャリティの解放。 この2つの軸にてお届けします。 女性性やセクシャリティの解放は、五感を呼び覚ます具体的な方法をいくつか、お届けしています。 ▼こちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12495

  26. 旦那さまからの突然(に思える)離婚宣言。 頑なな彼の態度。 見えない、彼の本当の気持ち。 これまでもとても頑張ってこられたのだと思います。 目の前の彼が何を言おうと、どんな態度をなさろうと、彼を信頼して待つという、なるという覚悟はありますか? 線を引き、 私は私。夫は夫。という自分軸を育てる。 自分の魅力や価値をより受け取る。 という基本的なことをお伝えしつつ、今回はふたりの【罪悪感】を癒すイメージワークをお届けいたします。 今回、2記事に分けてお届けいたします。まずは1記事目。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12524

  27. 思考がぐるぐるしちゃうこと。そこでのつまづき、とても多いのです。 感情と思考の不一致、葛藤ゆえですよねー。もともと、女性性の豊かな方ほどハマるかもしれません。 本当に欲しいビジョンを明確にして、そこを統合させていくという方法もありますし、もともと豊かな女性性を活かすという方法もあるのではないでしょうか? 思考的に理論的に行く方法と、感覚的に行く方法を2つお届けします~ ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12522

  28. >中年男性のプライドを傷つけずに上手に断る方法を教えてください! とのことですが、本当にそうなのでしょうか? もし、ずーっと、「本当に欲しいものが、私にはない。」そんな感情が心のどこかにあるとしたら・・・ どんなものでしょうか? そこに目を向けてみるのも、ありなのかなって感じた次第です。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12438

  29. 夫婦は同じ感情に苦しむといわれます。旦那さまも【罪悪感】に苦しんでいる可能性があります。 その【罪悪感】から逃れるために、あなたを否定したり、離婚という選択をなさろうとしているのかもしれません。 大切なお相手ほど、お相手の言動によって、私たちの心は大きく揺さぶられるものなのですが、やはり線を引きましょう。自分というものをしっかり持ち、心を整えましょう。そして【自分軸】を育て【自己肯定感】を取り戻しましょう。 ご提案はこちらの4つ。 「自分の人生を生きると決める」 「人生の棚卸しをして、自分と向き合う」 「旦那さまとの心的距離を離す」 「罪悪感より愛することを選ぶ」 ▼ご相談へのお返事はこちらでRead more

  30. 夫にイライラする。

    思いっきり共感しまくり、首がもげそうになるほど(笑)に「そうだよねー!」って頷きながらお返事を書きました。 まずは、自分の状態に目を向けましょう。 ちょっと頑張りすぎてない?ムリしてない?もっと休んでいいんちゃう? まずは、ゆとりや余裕を持ちましょう。 そして、旦那さまには大いに甘えましょう。頼りましょう。それが、ご夫婦円満の秘訣です!! そのための、ご提案をいくつかしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12479

  31. 恋人ができたことがありません

    私たちって、自分に「ある」ものは当たり前に思って、スルーするのは得意です。 そして、一方で、「それさえあれば!」とか、「それがない私なんて・・」って、「ない」ものばかりに目がいきやすく「ない」理由をさがすのって、得意なんですよね、人って。 出来事、現実はあくまでニュートラル。それをどうとらえて、どのような世界で生きているのかは、あなた自身が決めているんです。 住む世界を変えたいと望むのなら、まずは、ココを知り、認めることからはじまります。 そして、低く見積もり過ぎている自分の価値や魅力をそのままに受け取ることをおススメいたします^^ 大丈夫。あなたの住む世界は、あなたが望むように創っていけるんRead more

  32. 私にとって、言葉にできないほどの、辛い気持ちややるせなさ、痛みを感じるご相談でした。 まずは、自分の心を大切にしましょう。休息をとることもとても大切なこと。まずは、休息と感情を抑えず吐き出すところから。 それをできているうえでのご提案。 年齢や、目の前の出来事、相手の存在、何かの言い訳にして、本当の問題をどこか見ないふりをしてはいないでしょうか。そして、そうだとするなら、そうならざるを得ないのはどうしてでしょうか。 あなたがお幸せを感じられるようになるために、お届けしたいと思います。 ▼ご相談への私の回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12463

  33. 母との付き合い方

    こどもにとっての母親の影響力って多大です。私たちの生き方、価値感には、大いにお母さんからの影響を受けています。 個々の大人同士として、母と娘という関係であったとしても、あなたにとって、ちょうどいい距離感を見つけることは大切だと思います。大人の今、それぞれの価値感を大切にして生きることに罪悪感を持つ必要はありません。 また、過去の出来事、事実は変えられませんが、そこへの解釈や意味づけを変えることはできるんですね。そのためのちょっとした考え方のコツなどをお届けいたします。 あなたが生きづらさを手放して、自分らしくお幸せを感じられますよう応援しています^^ ▼ご相談への回答はこちらです。 httpsRead more

  34. 義両親からの干渉、介入

    いい嫁であろうとすることを手放しませんか? そして、頼りないと思う旦那さまを頼りがいのある旦那さまにしたいのなら、 私がやらなくっちゃ!って、ひとりで抱えてきたことを、背負ってきたその重荷を下ろすこと。 これまで、頑張ってしてきた自立を手放すこと。 ではないでしょうか。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12326

  35. 【男の言葉は鵜呑みにしない!】やっぱりコレを、あたまの片隅におきましょう。 「好きじゃない」とか、「女として見れない」とか、「そもそも、最初からそんな気はなかった」とか、イチイチそういう男性の言葉に振りまわされてばかりだと、身がもちませんよー。 そういう男性の言葉と、自分の価値や魅力とは、ハッキリと線を引くこと。 女性が、自分の軸、しなやかだけど、強さのある自分の軸をさらにしっかりと持つことが大切ではないでしょうか? そういうことを言うタイプの男性が好きな場合は特にです。 「あらっ、私の魅力がわからない男なのねー」って思えるように。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrRead more

  36. 「起こっていることは全て自作自演」確かにそうかもしれません。 だけどちょっと待って! この言葉を聞いて、自分を否定し、責める方に意識を向けていませんか!?なんなら、自分責めの材料に使っていませんか!? せっかくの、ご自身の才能や魅力や価値をに、気付いていないのかもしれません。 「愛させてあげる」という愛し方。大人な女性だからこそ、その視点からお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12173

  37. 拒絶されるほどまでに、お相手を追い込んでしますほどの抑えられない感情が湧き上がるのはどうしてなのでしょうか? セックス・性的なものへの怒り、嫌悪感。 もしかすると自分の女としての性に対する怒りや嫌悪感があるのかもしれません。 抑えられない感情、怒りや嫌悪感のルーツを見つけるとともに、自分を愛する、大切にするレッスンをお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/12149

  38. 「あ、ちょっと近づいたかも」って思ったら、突然シャッターをおろす!なんということをしてくれるロックマン・・・ そんな男性の、岩のように頑なな心を溶かし(ぶっ壊して!?)距離を近づけるにはどうしたらいいのでしょう? ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12153

  39. 一般的な感覚からズレている、変わった人扱いをされる、波長の合う人がなかなかいない。と思うのなら・・・ それは才能。カリスマ性というあなたの唯一無二の才能ではないでしょうか? それを活かす生き方をデザインしてみてはどうでしょう。 自分と繋がる。それは相手との繋がりをつくることへと繋がります^^ ▼ご相談への回答はこちら。 https://sweetrose.jp/archives/12120

  40. 夫との価値観の違いについて

    すべて受け止めてあげよう。 理解してあげよう。 価値観を合わせていかないと。 少し、背負いすぎなのかもしれません。 お優しい方ほど、すべてを理解してあげたい。理解してあげないといけないのではって思うものかもしれません。 そう思う、あなたが、自分軸をもって、パートナーとの繋がりを深めるにはどうしたいいのでしょうか?そのようなお話しをお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12079

  41. 義理妹に嫌味を言われます。

    自分軸を育ててきたゆえに、ぶつかる壁なのかもしれません。 やっぱり、私はどうしたい?どうするのが心地いい? そう問いかけ、自分軸を育てていくことではないでしょうか。 本来の自分をそのままに認めて愛していくことの繋がるワークをいくつかご紹介しています。 自分軸を育てるのにも役立ちますし、本来の自分を生きる(=セクシャリティをひらいて生きる)にも繋がると思います。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12122

  42. 忘れられない自分をダメだって思わないこと。 忘れられなくても、しょうがないやん!今は。って思えるようになること。 だと思うのですよねー。 好きなもんは、好きなんだし。しゃーないやん。です。 そして、彼とのことを理由に、自分を責めて、幸せにならない努力をしていることに気づくこと。 え!?かもしれませんが・・・ このふたつを軸に、今日はお届けしたいと思います。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12081

  43. 夫を触ると怒る

    夫に触れることさえ嫌がられていれば。それはとてもお辛いですよね。 事実と想像の世界を、分けてみてましょう。 最初は難しく感じるかもしれrませんが、相手の言動と、自分の価値や感情を分けて考えることをしてみませんか? わたしの事が嫌いで仕方ないのでしょうか?と感じる=わたしは、夫に嫌われる存在 と自分が感じているのですね。 自分の心地よさを増やしましょう。 自分に労いの言葉や、愛を届ける言葉をかけてあげましょう。 まずは、ご自分をもっと好きになって、愛されるに相応しい女性だって思えるようになることではないでしょうか? ▼ご相談への回答はこちらです。 https://ameblo.jp/sweetrRead more

  44. 彼とのセックスでイケません。

    自分を大切に、どうぞご自身を優先なさって欲しいのです。 そのうえで。 あなたがセックスで、得たいものはなんでしょうか。 あなたにとって、セックスはどのようなものなのでしょうか。 あなたと、そしてあなたの大切な方がお幸せを感じられるセックス。それがふたりの間にあればいいと思いませんか? 緊張感を和らげ、感度もあげるのに役立ってくれるアロマ(香り)や、ちょっとした日々の心がけもお届けしています。 ▼回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/12049

  45. 私は、けっして不倫を推奨するわけではありませんが、今は、ご自身の抱くお気持ちを大切に扱ってさしあげませんか? これまで、いっぱい辛いことあったでしょ?? 3年間も、不倫され続けて、我慢だっていっぱいしてきましたよね!? 修復に向けて、いろんなことを学んで実践だってしてきたかもしれません。 大変な日々のなか、何とか自分を保ち、笑顔でいようと自分よりも周りを優先なさってきたかもしれません。 サレ妻、また(セックス)拒否られ妻が、ダンナさま以外の男性と関係にこころが動いてしまうご相談って、私もお受けしたことがあります。 そのとき、どうするか、どこにフォーカスするのか、そんなお話しをしたいと思います。Read more

  46. 結婚ってなんだ?

    結婚ってなんだ? 100人いれば100通り。本当に人それぞれの価値観があるかと思います。 そして、ご相談者さまのように、「結婚って、なんだ?」って考えたり、「私の理想の結婚生活とはほど遠い」とお思いになるということは、それだけあなたにとって、結婚が大切なものであるということなのですよね。 自分自身を大切にして、自分の軸で「結婚生活」とどう向き合うのか、すなわち自分とどう向き合うのかが、「離婚」「別居」という状態そのものよりも、あなたが幸せを感じて過ごすために大事になってくるのではないでしょうか? ▼回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/11871

  47. セックスレスと体の浮気

    セックスレスって、お相手がいるからこその問題なのですが、相手の問題と自分の問題はわけて考えてみましょう。 相手がしたがらないから、相手が拒否するから、相手が性欲がないから、相手が・・・・ 言いたいことがいっぱいあるのは良ーくわかります。だけど、相手のことはどうにもできないのです。 相手を理解するうえで知っておくとよい男性心理についてもお届けしつつ、やはり「私」をどう整てていくのかというスタンスでお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/10878

  48. 巷のあふれる情報。どれを信じればいいの!?ってなりますよねー。 結局のところ、あなたがしたいように、好きなようにやるしかないんだと思います。そして、しっかり相手を見ながら。 相手をしっかり見るためにも、自分を認めて、自己肯定感を高めていくこと。 セックスレスの問題も、小手先のテクニックでどうこうというのではなく、どうして、この問題と向き合う必要があるのかというご自身の心の問題として扱っていきます。 そして、ここはやはり、女性性・セクシャリティ・女としての自信をよりあげていきましょうということになるんだと思うのです。 あなたの、オンナを喜ばしてあげる。そのようなご提案もしております。 ▼ご相談へRead more

  49. 性=性的魅力=セクシャリティ=生命力ってお伝えしています。 そして、本当の問題ってどこなのでしょうか。そこに目を向けてみませんか? 相手を受け入れるって、自分を受け入れていてこそできることです。 【お相手の男性の性を受け入れようと思うなら、自分の女性の性を受け入れる】 自分のオンナという性を、受け入れ、女を楽しむ。今回はそのようなご提案もしています。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/10970