Sign Up

Sign In

Forget Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

  1. 手放しを始めるタイミング

    「手放しに突き進んでいくタイミングを知る方法」 私の感覚になりますが、ふとしたときに、執着してない自分に気づいたり、もうこだわらなくてもいっかーって思えたり、そんなものなのかなって思うのです。で、これって、行きつ戻りつの波があるものだと思うのです。 波や揺れがあってもいい、それをも愛おしんでいく余裕。女性性を高めていく必要はあるかもしれません。 本来、女性はそれができる生き物ですから、大丈夫ですよ^^ ▼私からの回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14968

  2. Sさん、はじめまして。黒江香と申します。Sさんのご相談をお読みしていて、私も同じようなことを感じて生きてきたなーと思い、お答えさせていただきました。 もうすでに、Sさんはお気づきのように、お父さんとの関係、そこで感じてきた感情が影響していますよね。 夫との関係、彼氏との関係、男性上司との関係、まわりの男性との関係って、父親との関係を再現していたり、父親に対して感じたいた感情を感じることがあるのです。 そこで、父と娘(こども)の関係から、大人同士の関係という”対等性”という視点を取り入れてみてはどうでしょう? 今のSさんは、もうその当時のSさんではないのですから^^ ▼続きはこちらからどうぞ。Read more

  3. カウンセリングに際して

    まず、はじめに…Lucy Van Peltさん、その地雷を踏んだカウンセラー、私!?と思いながら読ませていただきました。ときにズバッと、グサッとくることを申しあげるタイプのカウンセラーです。もしそうであったのなら、ごめんなさい。と申し上げてからはじめたいと思います。 だけど、あえて言うなら、チャンスなのかもですね。 これまでの殻を破るチャンス。今まで自分を守ってきた重たいヨロイを脱ぐチャンス。 せっかくなら、チャンスにしてみませんか?^^ ▼続きはこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14882

  4. セクシャリティとは?

    pinokoさんの文章を読ませていただいて、とーっても物腰の柔らかい感じや、ほっとするような温かさのようなものを感じたんですね。 ”セクシャリティがひらくと、陽だまりのようなぽかぽかとしたあたたかさを感じる” そのようにも表現することがあります。 いかにもなエネルギッシュな、ギラギラしたものではなくです。そのようなものを、pinokoさんの綴る文章から、私はとても感じたんですね。 記事では、私が、セクシャリティのお話しをするときにどんなことをお話ししているのかを綴ろっております。 ▼続きはこちらからどうぞ。 https://sweetrose.jp/archives/14822

  5. 妊娠、子育てについて

    不安って、意識が「今ここ」になく、まだ見ぬ世界のものだから不安なんですよねぇ。得たいがしれないもの、正体がわからないものだから妄想が広がってしまうのです。 大事なポイントは 事実と想像の世界を分けること 想像は、自分の解釈のはいった思考であることだと認識すること また、未来に向いている意識を「今」に戻すことも、大切にしてみませんか?^^ ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14719

  6. Mさん、ご自身でできることはこれまでにもたくさんなさって来られましたね。お辛いこともたくさんだったと思います。 こころとカラダは密接です。 こころに、感情に、フタをせざるを得ないようなことがあれば、カラダも感じにくくなります。ギュッと力が入ったり、緊張してしまうもの。 こころとカラダ両方から、緩めていく。それもゆっくりと。ときに愛するご主人さまのお力も借りながら… そんなことをお話しさせていただいております。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14717

  7. もうすでに、彼の愛を受け取り、そして同時に彼を愛することできてますよね^^ そこをより、ふたりで深めていくのはどうでしょう。 さらに、いちごさんが緩み、互いに与えあう、愛し・愛されるというのが増えていくように思います。 テーマは、自分の愛に自信を持つ そこへのプロセスとして実際にセッションでも行うセラピーをご紹介しています。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14532

  8. そもそもですが、パートナーシップってお相手がいます。お互いさまだし、何か問題があるときだって、どちらか一方の責任だけではないんですよね。 彼があなたと会っていても寝てばかりなのは、もうあなたに気を許している。とも言えます^^ ふたりで一緒に乗り越える、パートナーと一緒にさらに成長する そのために、今のあなたができることをしていきませんか? ムリして頑張ることが、愛し・愛される方法ではありません。 あなたのパートナーシップはもっと悦びのあふれるものになりますよ。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14461

  9. そもそもですが、パートナーシップってお相手がいます。お互いさまだし、何か問題があるときだって、どちらか一方の責任だけではないんですよね。 彼があなたと会っていても寝てばかりなのは、もうあなたに気を許している。とも言えます^^ ふたりで一緒に乗り越える、パートナーと一緒にさらに成長する そのために、今のあなたができることをしていきませんか? ムリして頑張ることが、愛し・愛される方法ではありません。 あなたのパートナーシップはもっと悦びのあふれるものになりますよ。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14461

  10. 自己肯定感をあげよと、日々努力なさっているのですね^^ ちょっと頑張り過ぎで、思考ばかりに傾いていいるのかもしれません… コンプレックスばかりに執着しちゃうときの、手放し方を3ステップでお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14465

  11. 付き合うとは

    そもそも論なのですが、るみさんと、そのお相手の男性たちとの”つきあう”という価値観や、恋愛観ってって、ズレすぎていませんか? 本来のるみさんに相応しい男性とのパートナーシップを描くためにも、まずはるみさんの価値観を明確にしていく必要があると思います。 自分を安売りするようなことだけは、しないで欲しいなって思いながらお届けしました。お相手に大切にしてもらいたければ、自分を大切にする。安物扱いしない、安売りしない。大切なのは、相手に選ばれるようとするというより、自分が選ぶ意識です。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14459

  12. 嫌なこと程考えてしまいます。

    いろいろとお勉強なさり、ご自身で実践もなさってきていらっしゃるのですね。とっても向上心もある女性なのでしょうねぇ。 私が、とても引っかかったこと。それは、どうして、せーさんは、せーさんが一緒にいたいって願う男性の言葉と、関係を疑っている女性の言葉において、その女性の方を信じるのでしょうか? せーさんが主役をはりたいのは、悲劇のヒロインではないですよね?どこか悲劇のヒロインを演じているように感じるのです。 何のために悲劇を演じているのでしょうか?そこにある思いを出し切ることで、もう悲劇のヒロインはやーめた!ってできることがあります。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrosRead more

  13. 何をしていても楽しくない

    けいさんは、とってもお相手思いのお優しい方なのでしょうね。 ひとつ気になったのは、もしかしたら、”大好きなこと” ”本当に好きな事”というのが、めっちゃ大きすぎるというか、遥か彼方にあるようなものというか、そんな感じがするのですが、いかがしょうか? また、まずは、NOをハッキリとさせる。 そのうえで、けいさんが、ずーっとやっていること、思わず夢中になってしまうこと、気づけば、やっているようなこと、これがあると思わず笑顔になってしまうようなもの このあたりのものを、これまでの人生の中で振り返ってみてはどうでしょうか。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/arcRead more

  14. 否定的?な母との向きあい方

    This comment was edited.

    違和感を感じていて、否定されてる気分になるのにも関わらず、どうして、Mさんは頻繁にお母さんに電話するのでしょうか? 実のところは、夫婦関係のことで何かしら、悩んでいるのではないでしょうか。 Mさんらしい人生、Mさんが本当に欲しい幸せ もっとイキイキとして過ごす自分ってどんな感じなんだろう? そんなことに思いを馳せて、描いていきませんか。 そうしていくと、自ずと、お母さんとの距離感も適切になってくると思います。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/14193

  15. 夫婦仲修復、夫婦仲の再構築って、前の仲の良かったと思っている状態に戻ることではないと、私は思っています。 新たに始めるんです。 新たなふたりの関係をつくっていくんです。 あなたのお幸せな人生のために、もう要らない価値観は手放していきませんか? さくらさんは、さくらさんのお幸せのために生きていいんです。 怒涛の半年を過ごしてきたのですもの、ご自身を優先するのも大切だと思います。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/14277

  16. Rさん、ご無沙汰しています^^ Rさんは男性に好まれるタイプの女性なんだろうなって思います。そして、ご家族やお友達にも恵まれている。そして、行動力もありますねー!新たな趣味に、お仕事も変わられたんですね!さすがです~ 思考や行動力(男性性)優位で、生きてきたのではないでしょうか?どこか、自分の気持ちや感情を抑えて。だからいよいよいなって爆発するということを繰り返しているのです。 思考を使え、行動力があるのは、Rさんの素晴らしい才能です。 ただ、感じる、感情(女性性)を大切にしたうえで、男性性を発揮する!というあり方にシフトしていきませんか? すると、根本的な解決へと繋がるように思います。 ▼ごRead more

  17. ちさとさん ご丁寧に、お返事をくださりありがとうございます。 >すっきりしたので、面白くもないラインを無理して続けて、彼からの反応に価値を委ねるような執着は手放せました。穴埋めを他人に求めずして生きる方法は、テーマとして考えていきます。 執着とサヨナラできて何よりです。ぜひ、考えてみてくださいませ。 少し大きなテーマに感じるかもしれませんが、ここをさらに網羅なさると、ますます魅力あふれる女性になられるのではないでしょうか^^ そのように感じました。 ちさとさんの、お幸せを心より応援しておりますね。

  18. ゆまさん、続きの記事、お待たせいたしました。 夫婦は同じ感情で苦しむと言います。 今回は、旦那さまとの関係、男性心理を交えつつお届けいたします。 ふたりは互いの【罪悪感】で苦しんでいるのではないでしょうか? あなたの罪悪感を癒し、幸せになることを自分にゆるす。そんなアプローチをお届けいたします。 すると、”愛させない努力”を手放し、彼に愛させてあげることができるようになりますよ。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/14157

  19. 私たちは誰もが、「愛されたい」と思っていて、同時に「愛したい」と思っている生き物だって私は思います。 そして、あなたが、愛されたいと願い、愛されるためにしている努力。 これが残念ながら、男性に”愛させない努力”になってしまうことがあるんです。 愛させない努力は、かつてあなたが愛されてきた成功体験から、自分で生み出したもの。 今、これまではうまくいったやり方を手放すとき、ではないでしょうか? 今回のお返事は、2記事に分けてお届けいたします。まずは、あなたの中にたんまり溜まった思いを手放すということから。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/1Read more

  20. 誰しもが、親の影響を受けて育ちます。いいも悪いもです。 もし、あなたが、振り回されすぎていたり、毒親であることを何かの言い訳や理由にしているのなら、そこを見つめ直していきませんか? たったひとりの大切なあなたのために。 そして、今、旦那さまとのパートナーシップを深めるチャンスかもしれません。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/14085

  21. ずーっと過干渉の親御さんのもとに育って、親の意見に従うのが正しいと思ってきたとしたら… 他人軸な人生を生きてききて、自分軸にしようと頑張ってもうまくいかない。自分の気持ちがわからない。と思うのも当然かもしれません。 ですが、厳しいかもしれませんが、そうやって、あなたがずーっと、親のせい、誰かのせい、環境のせい、にしている以上、何も変わらないのではないでしょうか? 逆に言えば、あなたがそれを選んでいるとさえも言えるのです。 誰かの言動によって、大切なちょこさんの人生が決まってしまう。 今こそ、そこから抜け出すときではないでしょうか? まずは小さなことから、「自分は本当はどうしたい?」「何が好きでRead more

  22. 薬の副作用で…セックスレス

    ひかちゃん、さん、はじめまして。黒江香です。 私は、夫に拒否される側でしたー 私の場合は、ひとりでしくしく泣くというより、彼に本気でぶつけてましたねー 外的要因に目が向き、八方ふさがりのように感じているかもしれませんが・・・ちょっと違う視点でこのセックスレスの問題をみてみませんか? あなたがセックスに求めるものが、何なのかでも、できることって変わってくるのではと思います。 自分から繋がりをつくる、自分との繋がりをもつことで、解決に導いていけると思います。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14000

  23. 劣等感や嫉妬との付き合い方

    劣等感・コンプレックスって誰にでもあるものだと思うのです。ぴよこさんが、あの人は完璧で、素敵~って思う人にも。 そして、その劣等感やコンプレックス、嫉妬心を持つジャンルって、あなたにとってとっても大事なものなのですね。 さらに言うと、そこはあなたの才能や魅力や価値の宝庫だとも言えるのです! 劣等感や嫉妬心を、自己否定や自己攻撃の材料に使うか、魅力や価値として輝かせるかはあなた次第です♡ あなたは、どちらを選びますか? ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/14002

  24. 男に負けたくない!なんて、心のどこかで思っていませんか? 男性を打ち負かすような振舞いをしても、誰も何の得もしないように思うのですが…あなたが、そうしたくなってしまうのはどうしてでしょう。 本当にあなたが望むもの、心地よいものを今一度思い描いてみませんか? そして、彼ともその思いを共有していくようなコミュニケーションをとっていくことをなさってみてはいかがでしょう。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13955

  25. あなたにとって、その恋、その人じゃないと得られないかもって思っているものは、どんなものでしょうか? 執着というのは、自分では満たせないけど、その人(そのもの)なら満たせそうといい思いからはじまり、そして、その人(そのもの)でしか満たせないって思うとより強く執着してしまうのです。 女性を何人も同時並行させておかないといけないタイプの彼との関係を望むなら、彼とのセックスや関係に、あなたが欲しい何かが手に入るかもって、期待して求めない。そこを引っ付けない。ことかと思います。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13887

  26. 口調がきつい

    夫婦という近い距離だからこそ、難しいココミュニケーション。 夫婦って、競い合う相手ではありません。そのつもりはなくても、闘っていることがあるんです。互いに補い合い、助け合いながらでいいのではないでしょうか? Mさんの中にありそうな【私の方が正しい】【私の方が彼よりできる】【私がなんとかしてあげないと】このような思いを手放す覚悟はありますか?そのためのアプローチについてお届けいたします。 ▼「お前は可愛げがないんだよ!」「どうせ、俺がやっても、ケチばっかりつけるやん!!」「俺のやること、気にいらんやんかー!」と散々言われてきた、ワタクシからの回答はこちらです。 https://sweetroseRead more

  27. aoiさん、はじめまして。不安な気持ちは、ごもっともだと思います。 ただ…お相手が結婚を渋っているのなら、実のところ、結婚を決め切れていないのは、自分自身といいう見方もできます。 お聞きになったことあるかと思いますが、結婚って、ゴールじゃなく通過点です。 この先の人生、下した決断を後悔するかしないか、誰にもわかりません。 私ならなんとかなるし(笑)ってちょっとアホでいくか 私と彼なら、それでもシアワセだし~って、これまたアホでいくか コンセプトは、愛されて幸せな、アホな女、アホ妻になるススメです。 ▼ご相談への回答はこちらです https://sweetrose.jp/archives/137Read more

  28. 義母に嫉妬してしまいます。

    ゆきこさん、ご結婚1年で旦那さまのことが大好きなのがとても伝わってまいりました。 さて、お母さんの味を喜ぶ旦那にイラっとするとか。実家によく帰る旦那で、腹は立つは、寂しいし、悲しいって、ご相談いただくことがあります。私よりもお母さんの方がイイわけ!?というある意味、嫉妬ですよね。 そもそも、ゆきこさんは、旦那さまの奥様、妻です。お母さんになりたいのではないですよね? そこを明確にしていくとともに、なんで嫉妬しちゃうのかというルーツの話し、自分の魅力や価値を受け取ることを軸にお届けいたします。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13699

  29. 彼のために、何とかしてあげたい、できることはしてあげたい。その思いがとってもお強いのだと思います。彼への愛ですよね。 ただ・・・こうあるべき、こうすべき、これが正しい。お互いのルール、正論をかざしていると、いつも臨戦態勢になってしまいます。 どうしても、私たちは、自分のルールのままに、愛されたたい、愛して欲しいと願うのかもしれないけれど、大人の女性として、一歩、今の相手をそのままに愛するという方にたってみてはどうでしょう? それと同時に、今、あなたにとって大切なこと、自分を愛でることも忘れずに。 ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/136Read more

  30. パピヨンさん、ずーっとお答えしたいご相談でありながら、なかなか書き進められず…お待たせいたしました。やっと、お届けできます。 これまでは、おそらく自分の感情や心の声を、無視してフタをして生きるしかなかったのだと思います。 パピヨンさんの感情を取り戻すこと。ここが大切なテーマのひとつになってくると思います 怒りも、憎しみも、悔しさも、悲しみも、孤独感も、喜びも、嬉しさも、気持ちよさも… 感情を取り戻し、あなたの【女性性】や【セクシャリティ】を解放して生きる。 もっと、貪欲に、欲しいものは欲しいと言える人生を生きませんか? ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/Read more

  31. 男性との恋愛に恐れを抱いている本当の理由はなんでしょう? 男性に対するイメージを書き換える、おススメの方法をご紹介しています。 そして、理想の殿方の隣にいる自分のイメージが、あまりよろしくないとか、リアルな感じがしないということはありませんか? もしそうであれば、こちらを書き換えていく方が、より大切かと私は思います。そのようなご提案もしております^^ ▼ご相談への回答はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13590

  32. 女性にはどうしても年齢を気にせざるを得ないことがあります。だから、ご相談者さまのように焦ってしまう気持ちってわかるのです。 じゃ、そんなとき、どうしましょう。という私なりの考え方のひとつをお届けしたいと思います。 意識を「今」にフォーカスしましょう。というご提案です。 少しでも、気が楽になって、日々を心地よく過ごせますよう。にとの願いを込めて。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13557

  33. 過去の生き方を手放して、新たな生き方をすることを自分に許してあげてもいいのではないでしょうか? 本来の自分を偽り、鎧を着て、仮面をかぶり生きていた過去。その過去の鎧を脱ぎ、仮面を外し、もっと本来の自分で生きる。 自立を手放して、女性性を解放する。 ご自身の男性性と女性性の心地よい塩梅を見つけていく。 このあたりを軸にしてご自身を整えてみてはどうでしょうか。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13469

  34. 不安でさみしくて動けない

    ずーっと誰かに認めてもらいたいとか、誰かを喜ばすために、笑顔にするためにって、いい子ちゃんをして頑張ってきたのなら、自分が何をしたいのかわからなくなってしまうのも仕方ありません。燃え尽きてしまって、頑張ろうにも頑張れない自分になっても、今は、仕方ないのです。 そこを抜けて、あなたらしい人生を生きるために、自分との繋がりを取り戻す。今のあなたをあなたがそのままに受け入れることからはじめませんか?^^ 実際のカウンセリングで扱うであろうプロセス、ご提案にも触れてお届けしています。もう、自分を責め続けることがないように、願っております。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrRead more

  35. >私のワンオペ育児からの燃え尽き、夫の育児無関心、という典型的な状況で、小学生の子供2人が不登校になりました。 ここに、あー、かつての私。と思った次第。また、夫のモラハラと孤軍奮闘してきたことも然りでございます^^; この先、どうなさっていきたいのかによりますが、ここなつさんのこれから先のテーマのひとつは「自立を手放す」ではないでしょうか? ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13395

  36. miwaさん、息子さんにイライラしてしまう気持ちも、そんな自分を嫌いだって感じるのも、とてもお辛いですよね。 そして、そのお気持ち、わかるー!って共感なさっている全国のお母さんはたくさんいると思うのです。 miwasさんには、どんなルールがあって、どうあることを禁止しているのでしょう? そのルールに気づき、もう要らないものは手放していくと、抱えているイライラはかなり減りますよ! 今回は、イライラを手放していくために、具体的に2つの提案をしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13329

  37. 長年のレスと不倫問題について

    カナさん、カナさんのご相談をお読みしていて、私自身の重なる経験もあり胸がギュッとなりながら読ませていただきました。 この苦しい状況を向けるカギ。それは、ご自身に与えることではないでしょうか。 お相手からの愛を受け取る。ご自身に与える。 十数年も苦しい思いをしながらも、その状況をお過ごしになったのはどうしてなのでしょうか? 自分に与えてあげることを、もう許してあげませんか。 ▼ご相談へのお返事rはこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13265

  38. いきなりですが、ひめひめさんは、自分の価値や魅力って、どれくらい受け取れていますか?? 【お金を自分に使ってくれる=私ことを愛している・大事にしている】このような感じで、自分の価値をみていませんか!? また、「私は、何かを与えないと愛されない。」「私は、役に立たないと選ばれない。」みたいな思いは、ないでしょうか。 もしかすると、受け取り下手さんで、知らず知らずのうちに愛の受け取り拒否をなさっているかもしれません。 自分軸で恋愛をするために大切なことは、まずは、自分の魅力や価値を受け取ることだと思います。 すると、お相手の愛を受け取ることもできますし、自分の愛にも自信が持てるようになれるんですよRead more

  39. ねこねこさんが、ここに問題意識をお持ちになったことが、まずは素晴らしいなと、私は思っているのですね。 というのは、パートナーシップがうまくいかない、旦那さまとの関係が悪くなってというご相談でお話しをお聞きしてみると、実のお母さんとの心理的距離が近すぎる!というのがひとつの要因としてある場合が少なからずあるからなのですね。 「わかって欲しい」と強く思う要因となる思い込み、それらができたであろうきっかけについて綴っています。また、それらを手放していくアプローチとして実際のカウンセリングでの流れとともにお届けしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/aRead more

  40. 1人が好きちゃんさん、このネーミングが、私は自立系武闘派女子ですよ~と醸し出してますね。そして、この文才!!ウラヤマシイです~ さて、心理学を学ぶと、いろいろ心理分析ってやっちゃいますよね。で、こころのことのはずなのに、思考がうごく、うごく^^; 心理学でもスピでも何でも、どう思ったの? じゃぁ、自分はどうしたい!? どうする!?がやはり大切なんじゃないかと思うのです。 怖さを超えて、自分の悦びを受け取ることを優先してみるのはどうでしょうか? 1人が好きちゃんさんが、もうこれまでの生き方は、そこそこでいいわーと思えば、いつからでもシフトチェンジはできますよ! ▼ご相談へのお返事はこちらです。Read more

  41. せっかくの、あなたの魅力が隠れちゃっているのかなって思うのです。ちゃんとしていることよりも、男ウケするかどうかよりも、あなたがあなたらしくいることが、真のパートナーシップを築くとき、大切ではないでしょうか。 どれだけ、自分を許せるか。 どれだけ、自分を晒せるか。 どれだけ、ダメな自分を見せられるか。 そんな自分が愛されることを、受け入れられるか。 あなたが、本当に好き!と思える人と、出会い、関係を築けますように。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13046

  42. 欲しいものは欲しいって望んでいいし、自由に自分らしく生きていいんですよね。 どんな生い立ちがあろうと、どんな恋愛をしてきていようと、したい恋愛や欲しいものを望んでいいんです。 今回は、セクシャリティにも着目して、お届けしています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13073

  43. まずは、エネルギー戻していきましょう。とにかく元気じゃないと。元気って元の気と書きますよね。本来のゆぴちゃんさんのあり方を整えていきましょうね。 なかなかこうは思えないかもしれませんが、今は、旦那さまと離れて、しっかり休む。自分を取り戻すには、よい機会ととらえてみてはどうでしょうか。 そのうえで、起こることはすべて、神様からのギフト。だとしたら、あなたは、その経験から何を受けとり、どんな人生を生きますか? ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13048

  44. 『考えるより感じろ』かもしれません。 今は、ほたるさんが感じていることが、すべてではないでしょうか? もしかすると、ずーっと感じることを避けてきたのかもしれません。そこには様々な思い込みもあるのだと思います。 それらを手放しつつ「私はどうしたい?」を自分軸で探して決めるトレーニングを少しずつしてみてはどうでしょうか。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13050

  45. 彼と親密感を深めたい

    相手に親密感の恐れがあるとき、どうその恐れを超えましょう? 「怖くないよー。私は安心だよー。」って怯える猫を手名付けるように(笑)していく必要がありますよね。美味しいエサも与えながら。 また、お相手が親密感の恐れを持つということは、もしかすると、ご自身の中にも親密感の恐れがあるのかもしれません。 親密感の恐れを超えて、ふたりの仲を深めるためにできることをお届けいたしますね。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13008

  46. とてもお辛かったことと思います。 どうしてこの問題を抱えることになったのでしょうか? そこに目を向けてみると、今、向き合うべきことが見えてくるのではないでしょうか? はるかさんの、こころの痛みをどうぞ、そのままにしないでください。 旦那さまとのことも、必要以上に自分を責める材料に使わないでくださいね。 どうぞ、ご自身のこと大事になさってください。はるかさんのお幸せを心より願っています。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/13010

  47. This comment was edited.

    相手を許すって、あなたが許せないと思うことをした相手を、「してもいいよー。それでいいよー。」と受け入れることとは、私は違う気がします。 もうそんなことどうでもよくなるくらいに、自分が幸せでいること。ではないでしょうか? そのためにも、まずは、「この恨み、はらさせていただきます!」って思いっきりやることが大事かなーと思うのです。あ、イメージとかお恨み帳でね(笑)  そのうえで、次のプロセスや、向き合うにおススメなことを、綴っています。 どうぞ、お幸せになってくださいね。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/archives/12968

  48. 手放しについて

    さて、パートナーシップとオカン問題。お母さんとの癒着とその手放し。愛ゆえの母への罪悪感。罪悪感で繋がっていた関係から愛で繋がる関係へとシフトしていく。そのプロセスを順調にたどっているのではないでしょうか? オカン問題も十分向き合ってきたのなら、次は、オカンと離れてひとりの大人のオンナとしてどう生きるのか、そこをデザインしてみてはどうでしょう。 ダメをやってみる、タブーをおかしてみることで、ママにとっての良い子を手放していくことにも繋がります。そしてそのプロセスの中に、大人のオンナとして生きるというエッセンスを入れてみてはどうでしょうか?というご提案です。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 htRead more

  49. ご主人が離婚したいと言っていても、離婚を受け入れなくても、修復したいって思っても構いません。まずは、自分の気持ちにOKを出したうえで向き合っていきましょう^^ また、ご主人の言葉をすべて本心だと鵜呑みにしなくてもいいと思います。 そこで、やるべきことは、自分を整えることだと私は思っています。自分の心の土台を安定させること。 ある意味、別居はチャンス。彼の言動、態度に一喜一憂せずに済みますものね。その間に自分を整えていきましょう。 問題は、チャンスです。あなたが、よりあなたらしく生きることへのチャンスだと私は思います。 ▼ご相談へのお返事はこちらです。 https://sweetrose.jp/Read more