Sign Up

Sign In

Forget Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

  1. 好きや幸せを感じません

    この問題は、ヨウコさんに「自分を押さえつけているものから自分を解放して、もっと自分らしく生きなさい」というメッセージを伝えるために起きたのではないでしょうか。 この問題が起きた今、ヨウコさんは次のステージに進むタイミングなのかもしれません。 ▼ご質問の回答はこちらです https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/09/12/marche

  2. This comment was edited.

    「感じ方のこだわり」と捉えれば、誰もが何かしら持っているものではないでしょうか? tomoさんのその感覚を、誰かに合わせたり無理に変えたりしないで、 「この感性はわたしの個性」と認め、大切にしていかれてもいいのではないかな、と思いました。 ▼ご相談の回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/09/7/marche

  3. 何をしていても楽しくない

    けいさんは、自分のことを後回しにして、周りの人に愛を注いできた方なのだと思います。 そうするうちに、どんどん「自分の感覚」から遠ざかって、どんどん「心の声」のボリュームが小さくなって。。 そんなけいさんが「本当に好きな事」をみつけるために、私からは3つの提案をさせていただきました。 ▼ご相談の回答はこちらです!https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/09/06/marche

  4. ご相談文を読ませていただいて感じたのは、 ダンボさんが比較している対象が、実は「他の誰か」ではないのではないかな、ということ。 そして、 自分で自分に「ダメ出し」したり、自分で自分を「承認」できなかったり「評価」できないことが、 1番苦しいのではないかな、ということでした。 ▼ご相談の回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/08/29/marche

  5. ずっと応援したアイドルが卒業

    お友達が感じている「寂しさ」や「喪失感」に寄り添うために、 私だったらこんなことをしてみるかな‥ということを挙げてみました。 また、when_it_rains_it_poursさんが抱いている「なんとかしてあげたい」という想いについて、私が感じたことを。。もしもお心当たりがあれば、ご参考になさってください。 ▼ご相談の回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/08/06marche

  6. 自分の感情に気がつくのが遅い

    This comment was edited.

    感情を感じるのが遅いのは、「感情を感じること」に自信を感じられないから。 そしてそれは、「ご家族から引き継がれたマインド」や「自分との繋がりが弱いこと」によるものかもしれません。 ▼ご相談の回答はこちらです。 https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/08/08/marche

  7. This comment was edited.

    「自分と繋がる」とは、「今の自分」も「過去の自分」も否定せずに受け入れることから紡いでいくもの。 もともと持っている女性性も、培われた男性性も、どちらもuniさんの魅力として否定せず受け入れ、「昇華する」のではなく「生かしていく」と捉えてみるのはいかがでしょう? ▼ご相談の回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/08/06/marche

  8. This comment was edited.

    「自分と繋がる」とは、「今の自分」も「過去の自分」も否定せずに受け入れることから紡いでいくもの。 もともと持っている女性性も、培われた男性性も、どちらもuniさんの魅力として否定せず受け入れ、「昇華する」のではなく「生かしていく」と捉えてみるのはいかがでしょう? ▼ご相談の回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/08/06/marche

  9. 休んでいるのにラクにならない

    This comment was edited.

    意識的に休息時間をとっているのに「休まらない」。。 それは、むらさきさんの中に「自分を休ませない、もうひとりの自分」がいるからではないでしょうか? ▼ご質問の回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/07/31/marche

  10. 過去の自分と似ている上司

    This comment was edited.

    今回ご相談くださったのは、「過去の自分を見せられている状態」がキットさんにとって何かしら意味のあることだと感じていらっしゃるからではないでしょうか? そこで、「この状況はキットさんに何を伝えようとしているのか?」という視点で、この問題を見ていきたいと思います。 ▼ご相談の回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/07/29/marche

  11. This comment was edited.

    まーさんは今、「新しい自分」になるための過渡期にいるのだと思います。 過渡期ですから、自分の中に「古い体質」を見たり、「新しい自分」になりきれてないことに気づいたりして、一喜一憂してしまう。。 それが、今感じられている苦しみなのではないかなと思うのです。 まーさんが「新しい自分」に向かうヒントとなりますよう、リエコから見える「まーさんの姿」をお伝えします。 ▼ご相談の回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/07/22/marche

  12. This comment was edited.

    「もちこさんに、なぜこの問題がおきたのか?」という観点から、 この問題についての「新しい見方」を2つご提案しました。 この問題は「単なる困りごと」ではなく、 もちこさんに「何か必要なこと」を気づかせるために起きているのかもしれません。 ▼回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/07/16/marche

  13. This comment was edited.

    定期的に転勤がある仕事に就かれているのに、 転勤のたびに大きな不安に包まれてしまう… それはお辛いですね。。 「そうなるには、そうなる理由がある」という視点から、 思いつくことを書いてみました。 ▼ご質問の回答はコチラです。 https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/05/20/marche

  14. This comment was edited.

    ゆんちょさんの「自分の考えや行動を俯瞰的に見るにはどうしたらいいか?」という疑問について、考えたことを述べてみました。 ゆんちょさんに合う「バランスの取り方」が見つかりますように! ▼ご相談の回答はコチラです https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/05/11/marche

  15. This comment was edited.

    職場でのコミュニケーションが上手くいかないのは、とてもストレスですね。 にゃんこさんの想いが叶いますよう、「萎縮から抜け出す」という観点から、2点お話しさせていただきました。 ▼ご相談の回答はコチラです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/05/07/marche

  16. This comment was edited.

    「こう在りたい自分」と「現状の自分」とを比べたとき、頑張り屋さんで向上心のある人は、無意識に「できなかったこと」「足りなかったこと」に目がいきます。 「マイナスをみる」習慣を、「プラスをみる」習慣にに変えてみませんか? ▼ご相談への回答はコチラ https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2021/05/05/marche

  17. This comment was edited.

    私の休職経験が何かしらお役に立てるかもしれないと思い、回答させていただきました。 復帰後の仕事生活が、しーたけさんにとって、より「マイペース」で「自分軸な仕事スタイル」になっていきますように! ◆回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/27/marche

  18. 感情のコントロールと対人関係

    This comment was edited.

    人との心地よい関係を築くためには、まずは「自分との心地よい関係を築く」ことが大切だと思います。 そのために、自分自身をよく知り、何かあった時には自分を応援し、励まし、いつも自分の味方で在る「自分」を育ててみるのはいかがでしょうか? ▶回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/08/06/marche

  19. This comment was edited.

    お父様は、えりさんの人生の中に「投影」という形で何度も現れます。 えりさんの心の中には、お父様への想いが今も深くあるのですね。 「旦那様との関係を整えること」「講師の方との関係を整えること」は、えりさんにとって「お父様との関係を整えること」につながり、そこに「ブロック」を外すためのヒントがあるのではないかと思いました。 ▶回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/08/03/marche

  20. This comment was edited.

    「他人の言葉を信用して、誰かの言うとおりにして成功する」というゴールを、 「自分と仲直りして地雷を取り外し、『自分の意見』と『相手の意見』のいいとこどりをして成功する」というゴールに変換していきませんか? ▶回答はこちらです! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/08/02/marche

  21. This comment was edited.

    むぎのすけさんから回答へのお返事&ご相談をいただきました。 旦那様のこと、お子様たちのこと・・ 愛する家族への想いは尽きないと思いますが、むぎのすけさんがいちばん大事にしなければならないのは、「むぎのすけさんの心&体が健康であること」「自分軸をもち、自分の心と繋がり、自分に無理をさせないこと」だと思います。 ひとりで抱えこまず、100点満点を目指さず、是非まわりの人にサポートを求めながら、気長に構えてみてください。 ▶ご質問と回答はこちらへ https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/07/30/marche

  22. This comment was edited.

    ご相談文を読ませていただいて感じたのは、旦那様は胸の奥にとても大きな「痛み」を抱えていらっしゃるのではないか、ということでした。それは「罪悪感」です。 残念ですが、人は自分以外の誰かを変えることはできません。 でも、むぎのすけさんにできることは、いろいろあると思います。 ▶ご質問の回答はこちらへ https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/22/marche

  23. This comment was edited.

    「気持ちよく仕事したい」が叶わないのはどうしてなのでしょう? 栗サブレさんの心の中の矛盾を考察し、これからの仕事生活がより楽しくなるための提案をしました。 ▶ご相談の回答はこちら! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/21/marche

  24. This comment was edited.

    「物を受け取る=相手の想いに支配される」という想いがあるなら、 それはどんちゃんさんをとても窮屈にする考え方です。 どんちゃんさんは、「人の想い」をとても大切に感じているからこそ、 そんな風に窮屈に感じてしまうのかもしれませんね。 ◆ご質問のお答えはこちらへ! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/15/marche

  25. This comment was edited.

    ようさんが「急に楽になった」と感じられたのは、 「タブーをおかすことをやりだしたから」というよりは、 「これまで自分をぎゅーっと締め付けた考え方から解かれたから」ではないでしょうか? ◆ご相談のお返事はコチラ! https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/13/marche

  26. 呪いがかかっているように…

    This comment was edited.

    さらこさんの心が、今も先輩への「罪悪感」に苦しんでいるならば、 亡くなっているとはいえ、まださらこさんの中に生きているのと同じです。 「自分軸」という心の在り方をお伝えするとともに、 心の中にいる先輩との「新しい関係」へ向けてのご提案をしました。 ◆ご相談へのお返事 https://breaktime.hatenadiary.com/entry/2020/06/11/marche