Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

パートナーシップのトラウマがあり、離婚してから上手くいかない

バツイチアラフィフの2人の男の子の母親(すでに自立)です。8年前に離婚しました。原因は、二人目妊娠中からの元旦那さんの数回にわたる人妻との浮気(家庭を壊す気はない)です。子供がいなかったら即別れていたと思いますが、発覚してからも10年は我慢しました。振り返ってみても我ながらよく我慢したなぁとは思いますが、その時専業主婦だったので、離婚が怖くてできませんでした。

離婚後は、真実のパートナーシップを求めて、数回結婚前提の恋愛をしましたが、どれもハッピーエンドにはならずお別れしてしまいます。なかには自己愛パーソナリティ障害とおぼしき彼もいましたが、既に好きになってしまっていてよいところもたくさんあったため、別れられずずるずると2年半のつきあってしまったりもしました。

いつも最初はお相手からアプローチがあり、まめにつくしてくれて幸せを感じるのですが、半年程経った頃から、二人の付き合いが落ち着いてくるとダメ出しをしてきたり、支配・コントロールが見られたりモラハラするようになってきてしまいます。そのうち、信頼を積み重ねることができない状態で様子をみながら私の方が距離を置いてつきあうようになり、最後は先がないと感じて別れを切り出してしまいます。終わってみれば、なぜか同じような方を引き寄せてしまっているのです。

直近では、昨年2月位からアプリで知り合った同じバツイチの1個下の彼とつきあいました。つきあって半年で遠距離だったため、同棲しましたが、同棲したとたん家事の駄目だしがはじまり、これまででは考えられない辛辣な物言いにびっくりしたり。ちょっとしたことで別れようと言われて、そのたびにとりなし、悪いところがあったら直すから二人で解決していこうと話すと機嫌が直ってまた仲良くなっての繰り返しで。彼の性格が、神経質だったことはわかっていましたが、私がおおざっぱなことも隠さなかったし、俺がカバーするから大丈夫。しあわせにするよといってくれていたので、その言葉通り信じて引っ越ししてきたのにと思うと、本当にショックでした。身内には厳しい人だったようです。母親が支配的で癒着がある親子関係だったみたいで、最初に母親のことが大嫌いと言っていたのに、話題には頻繁に母親が出てくる人でした。彼と過ごしているうちに、この人とつきあってもダメ出しばかりでひやひやして過ごさなければいけないと思うと、先を考えて別れました。結果1年の付き合いで終わりました。

今は、パートナーが欲しい思いはありますが、親密になった後から、色々な隠していた性格がわかってくるのでちょっと男性に対してこの人もなにかあるのではないかと、疑心暗鬼になってしまいます。かといってパートナー探しをあきらめようとは思いません。あと30年程ですが、残された時間を穏やかに楽しく暮らせる方が欲しいのです。

私は何をきをつけたらよいのでしょうか。

関連記事

2 Comments

  1. 10年間もの間、子供の為に我慢して結婚生活を続けてこられたのですね。
    離婚して8年経っても、ご自分でおっしゃる通り、まだ、トラウマとして、みーさんさんの中にしっかりと後遺症になって残っているようです。
    傷が癒えていないというか、もっと的確な言い方をすると、

    「我慢する癖がついている。」「感情を抑圧する癖がついている。」と思います。

    そして、自己攻撃があるときは、強い批判や自分を傷つけるような相手を受け止めてしまいますので、モラハラを受けるような状況に陥りやすくなってしまうんですよ。

    現状を変えて、真実のパートナーシップを築くヒントはこちらです▽
    https://note.com/karinnneko/n/nd31f8ca368ea

  2. 結婚生活でネガティブな思い込みが生まれたことによって、今の我慢を強いられるようなパートナーシップや、自分を傷つけるようなパートナーを引き寄せているのだと思います。

    もう自分を傷つけるのはやめませんか?
    心の傷を癒して、思い込みを手放しましょう。
    =====回答はこちら=====
    https://counseling-sou.com/2022/08/03/marche-516/

回答欄

You must login to add a new comment.