Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

子供を欲しいと思えない悩みと、年齢的リミットの焦り

はじめまして。
私は子無し既婚の主婦で、あと1ヶ月で40歳を迎えようとしています。

自分にとって今までの人生は苦しい事が多く、不器用な私はここまで生きてくるのも精一杯でした。

・実家の家族との長年の確執、不仲
・幼少期~高校生位まで、父親(現在は死去)から頻繁に叩く、怒鳴るなどされてビクビクして育ったこと、
・母からは、過干渉や人格を否定される言葉をぶつけられてしまう事が多かったこと

・上記のストレスが重なり、過敏性大腸症候群になってしまったこと
・両親からの遺伝で、女性なのに背が高すぎることや、わきがで辛かったこと
など。。他にもたくさんあります。

私は30歳の時、元夫のDVモラハラが原因で離婚を経験しましたが、
37歳の時、優しく誠実な人と再婚することができ、人生で初めて、やっと穏やかな幸せを得ることができました。

しかし、何年も悩みに悩んでも、「子供が欲しい」と思えず、優しい夫に申し訳なくとても苦しいです。
夫に100%似た子なら欲しいけど、
私の遺伝子が入ってしまうのが本当に嫌なのです。
あまりに悩み苦しみすぎて年齢的リミットを迎えてしまい、自分が情けなくなります。

私自身、死を考える位、苦しい気持ちを抱えて生きてきたので、
もし、そんな私の体質や病気、容姿など悪い所を遺伝させてしまったら、、と思うと、どうしても、欲しいと思えないのです。

「子供が欲しい!」と迷いなく思える女性や、
街で、可愛らしい子供を連れた若くておしゃれな子連れの女性を見ると、
そんな風になれなかった自分が、女性として欠陥があるように思えて胸が痛くなります。

長文になってしまい申し訳ありません。
こんな私に、アドバイスを頂けたら嬉しいです。

Related Posts

4 Comments

  1. ゆうさんは優しすぎるが故に、色々と苦しんで
    居られるんだろうなと思いました。

    少しでも、お気持ちが和らげればと思って
    回答させていただきます。

    子供が欲しい、欲しくないと言う気持ちの前に
    自分自身のことを憎んでいると言っていいぐらい
    自分のことがお嫌いのように私は感じました。

    だからこそ、その自分を受け入れていくことが必要です。
    自分を好きになる、の前のステップが大事です。

    回答はこちらから↓
    https://ichimiyu.com/cocoro-52/

  2. This comment was edited.

    自分の子どもを欲しいと思えないということは、前提に自己否定があるように感じました。
    自己否定して自分を愛さないことは、旦那さんからの愛を受け取らず否定していることにもなります。
    自分のための一歩はなかなか踏み出せないかもしれません。
    でも愛する人のための一歩なら、踏み出せると思いませんか?
    『自分を愛する』を始めてみましょう。
    ======回答はこちら======
    https://counseling-sou.com/2022/03/15/marche-482/

  3. ゆうさん

    「子どもを持他ないと優しい旦那さまに申し訳ない」とのことですが

    そもそも旦那さまは子どもを持つことを強く望んでいらっしゃるのでしょうか?

    また、もし望んでいらしたとしても

    ゆうさんの子ども時代の辛い体験や、それに基づき前向きになれないことについて

    優しい旦那さまはゆうさんのご意向を汲んでくれるのでは無いでしょうか?

    それでも、なお罪悪感を感じる、ご自分が女性として何か欠けているように感じているのであれば

    「子どもを持ちたく無い」と思うきっかけになったご両親との関係について

    見直してみるサインなのかも知れません。

    ▼続きはこちらから↓
    https://blog.goo.ne.jp/sun-also-rises/e/1444a1415d72195e64d20f255d83e75f

  4. ゆうさん、これまでの人生が、とてもお辛いと感じながらも、今ここに生きてくださっていること。こうしてマルシェへ書き込みくださったこと、本当にありがとうございます。

    どうぞ、今ここまで生き延びてきたご自身を、たっぷり労い褒めてさしあげてくださいませね。

    さてさて、今、ゆうさんが問題だと感じていらっしゃることは、

    女性としての自分をどう思い、どう扱っているか。
    女性として、この先、どう生きていきたいか。

    そのあたりを、見直していくチャンスのようにも思います。
    そして、旦那さまと、一緒に超えていく。そして、ふたりの絆をより深めていく。そのチャンスとしてみてみてはいかがでしょうか?

    ▼ご相談への回答は、こちらからどうぞ。
    https://sweetrose.jp/archives/15930

Leave a comment

You must login to add a new comment.