こんにちは。こちらで相談させて頂くのは2回目です。
最近、お金のもたらす豊さについて学んでいます。
モノもそうなんですが、本を買うことに躊躇してしまう事を
抜け出す方法について教えていただければ嬉しいです。

私が小さかった頃、両親は別に本を買うことを躊躇していたのではないと思いますし、教育にも熱心だったと思います。〇〇図鑑といった類や、歴史の偉人伝などや、月刊の子供向けの購読物などはよく買ってもらって家にありました。
ちなみに父親はほとんど本を読まず、母親はよく図書館で本を借りてきていた思い出があります。
(信仰していた宗教の本はたくさんありました)

ちなみにお金に関しての考え方としては、
成人後、地方から東京に来て、一人暮らしをしていた時は、安月給だったので、
出来るだけ切り詰めて生活をしていました。
お金に関しての恐れは、強い方だと思います。
ですので、小さな例えで言えば、自分で自分にお花を買うとか、ちょっと良いレストランに行くとかはほとんどしてきませんでした。

大人になって、お金への恐れを取り除くという事を学び始めた時、
本というのは、自己投資の一種であって、どんどん知識を仕入れたいと思うのに、
価格が気になってしまってなかなか購入してこなかった自分に気づき嫌になりました。

月に数千円のことについて、経済的に困っていることもないので
購入できないというわけでもないのに躊躇してしまうのは、どんな心理状態から来ているのか、またどうすれば解消できるのか、もしお知恵を借りれたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。