Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

仕事を辞めた後悔と執着の手放し

私には、舞台アーティストとして活躍し、それを仕事にしたいという願いが幼い頃からあり、5年前、40代にして安定していた仕事を辞め、思いきって上京しました。

しかし、行動したことに満足したからか、上京してからなぜか急にやる気がなくなり、もしかしたら、前の仕事を辞めたかっただけじゃないか?本当にやりたいことをやる!なんて仕事を辞めるための逃げだったんじゃないか?と思うようになり、それから、3年ほどは舞台活動をしていましたが、人間関係もこじれたり、妙なプライドからバイトも続かず、生活も困窮してしまいました。

そこから、やりたかったことを仕事にするなんて、やはり無理なのかもと思い始め、いろいろ行動してみるものの、そんな気持ちなので、うまくいくはずもなく、こんなことしてもどうせ無理、とか言い訳ばかりで、何もできなくなってしまいました。

地元で、趣味のようにやっていた頃の方がよほど拡がりもあって、本業だった仕事もやりがいがあったため、今では、毎日のように上京したこと、仕事を辞めてしまったことを後悔してしまいます。
周囲からも、「なんで辞めたの?もったいない!」とか「今からプロになるつもり?」と鼻で笑われたりして、自分の選択に自信をなくしてしまいました。

やりたいことができるはずなのに、ダメな自分を受け入れることができず、周囲にダメな自分を見せられず、見栄ばかりで、何も幸せを感じられなくなってしまいました。こんなことなら、あのまま地元にいれば良かったと毎日のように後悔しています。

生活するためのバイトも、仕事があるだけありがたいと思いつつも、こんなところで何をやってるんだろ?私は何しにこんなところにきてるの?と自責してしまい、そんな日がもう2年近く続いています。
それでも、何か学びになるはずと自分を騙しながら日々過ごしていますが、本心では情けない気持ちでいっぱいです。
安定した仕事を辞めてまで始めるのだから、なんとしてでも成功したい、いや!しなくては!という執着だろうと思います。
趣味や副業ではなく、本業にすることでようやく認められるはず、だから成功しないと!失敗できない!こんなところにいちゃダメ!という焦りもあります。

いい仕事を辞めてまで、うさこさん、挑戦するなんてスゴーい!と言われたかっただけかもしれません。
自信過剰だったかもしれません。
でも、舞台の表現活動はやはり私には生きている証のようなもので、本当に幸せな時間であり、生きる歓びを感じることができるのです。

それほどにやりたかったことなのに、周囲の目を気にして、何もできなくなってしまい、現実は甘くなかったなあと感じ、
そもそもそんな才能もなかったし、地元でセミプロとして楽しんでいるくらいの器だったのかなあ、と考えてしまったりすると、なんだか悔しさと情けなさでいっぱいになり、自信もどんどん喪失してしまっています。
あの頃の方が良かったなと。

さらに、2年前には、東京で一緒にやろうと言ってくれてたパートナーから裏切られ、うつ状態が1年近くありました。今もこのことについて完全に立ち直れてはいません。

それでも、やはり、自分の才能を役立てたい、たくさんの人に楽しんでもらいたいと思うのです。

覚悟が足りないのかもしれません。表に立てば批判も称賛もあるはずですが、その両方を受けとる覚悟がないままで、地元の小さなコミュニティで、お山の大将のようにやっているくらいが身の丈に合っていたのかな?と思うと寂しく感じます。

このまま、諦めたくないと思いつつも、こうでなくてはいけない、という思いが離れません。
夢を叶えられなかった人、挫折した人って恥ずかしい、という考えもどこかあり、それが自分を苦しめていることもわかるのですが、
そこから解放されるにはどうしたらよいのでしょうか?

それでも、私は自分が夢を叶えて体現していくことで、誰かの背中を押すことができれば、と思っています。誰からも頼まれていないのに、変な義務感のようなものですが、私にもできるかもしれない、と思って他の人も新しい一歩を踏み出してくれるといいなと。

でも、今の私には、「安定したところにいた方がいいよ、バカなことなんてしない方がいい!」って言うことしかできません。
やりたいことをやればいい、なんて説得力の欠片もありません。

私が成功しなくちゃという縛りから抜け出すことだと思っているのですがどうしたらよいのか分からないのです。
やはり成功したいからです。
しかし、成功し、うまくいってる自分になる、ということに執着してしまっているのです。
そうならなければならないと。
そして、
「うさこさん、いい仕事辞めて東京行って、うまくいかなくてうつ病、バカなことするからよ、40歳もすぎてから。上京した意味なんてあるの?」と思われたくない!という下らない妄想にとりつかれてしまっているのです。
なにも満足を感じることができず、不平不満、不足にばかり目がいって、とてもしんどいです。

こんな執着を手放すにはどうしたらよいのでしょうか?
諦めてしまえば楽になるのでしょうか?でもそれはしたくないのです。やはり、プロとして自信を持って仕事にしたいのです。

好きなことをするのはこんなに苦しいことだったのか?そんなはずはないと思うのですがどうしたらよいのか分かりません。

例えば、家がある、仕事がある、食べるものがある、などといった、今、目の前のことに感謝し、そこに目を向けて満足しましょう!といった類いの回答は、もう他で聞き飽きていますので、できれば他のご回答だとありがたいです。
勝手を言ってすみません。

長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

Related Posts

7 Comments

  1. うさこさん、はじめまして。キャロと申します。

    うさこさんは行動力と決断力があって、頭が良くてエネルギー溢れる方ですね。

    ご自身の価値や長所、成長に目を向けましょう。

    成功を具体的に定義して、そのために今できる小さな目標を立てましょう。

    感情を解放しましょう。

    有名になることへのおそれを癒しましょう。

    そんな感じの提案を長文で書いております。

    望む世界に行けますよう、心から応援しております。

    https://ameblo.jp/happykyaro/entry-12663923212.html

  2. 自分がした過去の決断を後悔し、まちがったことをしてしまったという罪の意識があると、すごくエネルギーを消耗してしまいます。
    それはもう、その決断をした本来の目的や喜びも見失わせてしまうほどに。
    だけど自分の決断に、罪悪感を持つ必要なんてないんですよね。
    何歳でどんなことを思って何をしようと、自由なんです。
    ▽あなたが自由であることをゆめゆめ忘れない回答はこちら
    https://www.aikoingk.com/entry/cocoro-marche25032021

  3. 叶えたい事・夢や目標の場所に到達するまでの時間は、人によって本当にまちまちです。
    誰しもが最短距離で目標まで悩みなく順調に進みたいと思うものですが、波があって上がったり下がったりするのが人生です。
    何かを選んだ時から時間を経て「成長した今の自分」ならば、過去のあの選択はしなかった…と後悔を感じるものですが、私たちは常に自分にとって良かれと思うものを選び、何を選んでも選ばなかった方を振り返って後悔する性質がありますから、どうかご自身のことをこれ以上追い込んで責めてしまわないようしてください。

    ▼ご相談へのお返事
    https://many-smiles.com/trouble/i-regret-my-choice

  4. うさこさん。はじめまして。ミイです。

    転職など環境が変わるとストレスになりますよね。
    ストレスフリーになるには、自分らしさを追求なのかなって私は思うんです。

    私からの回答は、こちらから
    https://happy-loves-me.com/2021/03/17/post-1152/

  5. うさこさん、こんにちは!

    舞台アーティストってどういうジャンルのことをやっているのか気になりました。
    役者さんとは違うの?

    さて、思考ばかりが動いているうさこさんに、舞台のあの感覚を思い出してみたらどうだろう?という提案です。

    なんのために
    誰のために
    なんでやりたいのか
    そのためには何を周りに寄せればいいのか?

    回答はこちらから↓

    https://www.iihitoninaritai.com/cocoronomarche-38/

  6. 私たちの思考やエゴの声は、自分のなりたい姿や、特に「夢」に対しては、チクチクと、文句をいってきます。

    そんなのできるわけないじゃないか?
    あなたに、そんな実力があると思っているの?

    時には、人と自分を比較をして、
    自分を下におとしめたり、
    嫉妬という感情をもたらしたり、
    過去の自分の決断に後悔を囁いたり、
    あらゆる手を使って、前に進まなくていい理由、失敗する理由を探してきます。

    ▼続きはこちらから
    http://counseling-lotus.com/2021/03/16/post-4120/

  7. 食うための仕事もしつつ、カウンセラーという夢を追っているわたしにも突き刺さってくるおなやみでした。

    うさこさんに、というよりわたし自身に言い聞かせるような気持ちで書きました。

    夢を見過ぎなおへんじかもしれませんが、わたしがうさこさんに感じた魅力、何か感じ取っていただけたらいいなぁと思いながら。

    わたしも今日をなんとかしのぎたいと思います。

    https://note.com/ichikadopaminet/n/nc2e84b8f47ee

Leave a comment

You must login to add a new comment.