Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask a question.

ココロノマルシェ Latest Articles

フリーランスです。別のクライアントやフリーの先輩と繋がりたいけれど…

こんにちは。いつもあさるようにして読ませていただいています。

私は結婚、出産後にフリーライターになりました。ありがたいことに、それ以前からずっと続けている月間の仕事を育休後も変わらず任せてもらい、大きい仕事も年1本任せてもらっていました。「赤ちゃん」「子育て」といった主に5歳までの分野に特化してきました。
ただコロナ禍もありどの出版社も軒並み雑誌を縮小しております。
そのことと、子どもたちが自分で少しずつ手を離れてきたこと、また、夫が無理して頑張り続けていた仕事から転職するようにすすめ、その結果転職。夫の健康やゆとりはできたけれど収入は激減、そんなことも重なり、「もっと色々な媒体で仕事をしたい!」「同じフリーランスの先輩にもっともっと学びたい!」「自分の持っている力で役立って、お金をいただきたい!」という思いが大きくなりました。

しかし、他社に「私はこういう仕事をしてきました。そして、こう言うことを大事に考えております。こちらの雑誌(web)でのこういう発信に毎回感じ入るものがあり、また、多くの反響もあることから、ぜひ機会があればこちらでも取材、記事を書かせていただきたいです」と言うことが言えません。。
また、同じ雑誌を担当しているにもかかわらず、先輩(70歳前後、母親ほどの年齢)のフリーランスの方や、10歳ほど上のフリーランスの方に「学びたいんです。学ばせてください」と言うことができません。「フリーランスなんて頼るもんじゃない、自分でとってくるものよ!」と言われるのではないかとも…(業界的(年齢的)にそういう風潮があるようにも感じています)。

あとは「何かあったら声をかけてください」と言うのも恥ずかしかったり、
(「やめちまえ!」と言われるかもしれませんが)、いつ何時発注が来ても、「夜中までやって答えます!」という気概まではなく、あくまで家族と自分の健康が第一。仕事はそれ以外の時間の中で精一杯答えます、と言う思いです。(独身時代はこの業界は、0時過ぎ帰りが当たり前、私もそれが当たり前でやり続けてきましたが、今は無理です)

やる気はあるけれど、一歩が踏み出せない。
目をつむって「怖いけど突破しろ!!」と若い頃はやってきましたが、これからもこの世界で伝える仕事をしていきたいと考えると、怖くて足が出なくなってしまいます。

フリーランスのご相談では「集客」の視点で語られることが多いのですが、
私のような形態についても、考え方のアドバイスを頂けたらありがたいです。
どうかヒントを頂けますようよろしくお願いいたします。

Leave a comment

You must login to add a new comment.

1 Comment

  1. ご相談をお送りいただき、ありがとうございます。

    責任感が強い方なんだなぁと読ませていただきました。夫の転職、そしてご自身の育児と仕事の時間のバランスの変化などから、「もっとお仕事をした方がいいのでは?」と考えられたんですね。

    海と空さんは、誰かを背負うということを長くされてきた方なのでしょうか?ご兄弟はいらっしゃいますか?実は上の兄弟がいたけど、なんとなく親からの頼まれごとは自分に来ることが多かったなどありますか?

    フリーランスになる前の独身時代の働き方も0時過ぎ帰りが当たり前と書かれていましたが、その頃も「私がやらなくちゃ!」という気持ちで仕事に取り組まれていましたか?

    海と空さんが今背負おうとしている過去のパターンを手放し、今大事にしたい価値観に馴染んでいくことを大事にしませんか?

    https://yukanee.space/1212/

Related Posts