初めまして、KJと申します。
40歳独身男性、東北地方在住で自営業(子供相手のスクール)をしております。
両親は10年前から別居の後離婚、現在は同じく独身の姉と住んでいます。
長文失礼します。

後述するとあるショックな出来事を境に嬉しい、楽しい等の感情を感じられなくなり、何をするにも(風呂や本を見たり、テレビを見たり、など)
常に漠然とした恐怖や不安を感じるようになってしまいました。
また、些細な事でもビクッとしてしまうなど、心理的に不安定になりました。
その後2~3か月間は何とか自己啓発本や家族に話を聞いてもらうなど、
回復のための自助努力をしていたのですが、
ここ1か月ほどで、心が「もう疲れた」とばかりに無気力になり、
朝起きるのもつらい状態となってしまいました。

その出来事というのは、おそらくパニック障害(?)でしょうか。
それまで父の個人会社の経理をしていたのですが、
その金策のために10年間、かなりのストレスを抱えてきました。
頑固者の父にはもちろん、姉にも言えずに無理をしていたところ、
今年の6月下旬のある日、急に猛烈な不安感と絶望感
(もうだめだ!おしまいだ!と追い詰められた感覚)
が連続的に襲ってきて、まるでヒューズが飛んだみたいに
無表情、無感情に陥り、周りの出来事が遠くに感じる体感がありました。
その日を境に、夜は殆ど自力では寝られなくなってしまいました。
月末の或る晩、夜中に再度パニックを起こし、家族が驚き、
救急車を呼んでしまいました。(連れては行かれませんでしたが・・・)
自分では「ああ、もう頭がおかしくなってしまうか、死ぬんだ・・・」
と漠然と思いました。

その後、心療内科から睡眠薬を処方され、
仕事を1か月休んで、その後も無理のないように少しずつ復帰していきました。
その間も姉に付き合ってもらい、旅行や買い物など、気晴らしをしようと
したのですが、この漠然とした不安感(特に朝起きた時)や、
周りとの分離感が拭えないのです。
特に、何をしても「楽しい」という感覚がほぼなくなってしまいました。
今まで楽しかったはずの仕事(子供相手の授業)が、感情が湧かないため
苦痛で仕方ありません・・・。

辛いという気持ちは姉に聴いてもらったり、ノートに書き綴るなど、
なるべく吐き出すようにはしていますが、心休まる時がありません。

今現在の無感情や恐怖心のきっかけとなったのはおそらく、
その6月末のパニック状態になったことなのかな、と考えています。
こういった出来事をトラウマと呼んでいいかはわかりません。
現在はその出来事も頭では「過ぎたこと」と
理解しているつもりなのですが、無意識からなのか、不安が止まりません。
特に、何かに集中して、はっと我に返った時に妙な不安感や分離感があります。

パニックが次また来たら・・・というのが怖いわけではありません・・・。
自分でも理由が分からず、困惑しています。
この出来事以降、父の会社の金策もひと段落付き、家族も協力的で、
当初のストレスは大幅に減ったはずなのですが・・・。

心理的に見て、このようなトラウマや無意識の恐怖・不安から
どのような方法で回復していけるのか、
今後どう向き合ったらよいのかアドバイスを頂きたく、ご一報差し上げました。

このような内容ですがご回答いただければ幸いです。

失礼します。