結婚5年目、子供なしの39歳です。義母や親戚付き合いができずに悩んでいます。

結婚前から主人が購入していた中古物件に、結婚を機に夫婦2人で住んでいます。家は主人の実家の隣にあり、主人は長男です。
義父や義祖父は結婚前に他界しており、義祖母も2年前に亡くなり、義母は現在ひとり人暮しです。
主人には弟がおり、現在は他県で結婚して家を建てて子どもも2人います。

昔から一族で住んでいたので、周りにも主人の親戚達(義父は4人兄弟の長男なのでその弟たち家族、妹たちも同じ市内にいます)が住んでおり、また親戚以外の近所の人たちも家族のような雰囲気です。義祖父母・義父の仏壇やお墓もあるので、お盆や法事のたびに親戚、近所の人たちも集まります。

義母はとてもテキパキしていて、気づかいのできる人で、お盆や法事のたびにあれこれ準備をして人を迎え入れ(主に義父の兄弟や義祖父母の兄弟たち)、さっぱりした性格なので、義父の弟妹たちから「姉さん、姉さん」と慕われています。 気を使えるが故、精神的な疲れから体調を崩すことも。買い出しや力仕事は主人が手伝います。

普通ならば、長男の嫁である私はお盆や法事、自治会の集りなどであれこれと義母の手足となり動くものだと思います。75才になる義母の精神的な負担を減らすのが嫁の役目だと思っています。実際、結婚してすぐの頃は私もがんばろうと母に連れられて自治会の婦人会に参加したり、お盆や法事では「私たち夫婦」のスケジュールではなく、義母のスケジュールに合わせて動いていました。

スケジュールといっても、することは大したことはなく、来た人やお坊様にお茶を出したり、挨拶をするだけなんです。お墓参りの際は、親戚やご近所さんのお墓にも回ってお線香をあげるだけなんです。できなくはないんです。
「頑張れば」です。

主人は「悪いけど、辛抱してね」「母ちゃんの顔を立ててやってね」「あとで何でも好きなもの買って、テンション上げてね」と言います。することは簡単なのでそのとおりにしていたのですが、回を重ねるごとに、法事やお盆正月の休みに自分たちの予定を考える前に義母に合わせること、親戚の顔を見ることが苦痛になってきました。
というより、苦痛に感じていることを「感じる」ようになってしまったのです。「辛抱する」ことが頑張れなくなってきて、集まりの前や後に謎の頭痛や倦怠感がおこるようになりました。主人には徐々に自分の気持ちを伝えることができてきたので、親戚には私が体調悪いことにして顔を出さない理由をつけてくれたりもします。(さすがに冠婚葬祭は「辛抱」しないといけないとは思っています)

隣に住んでいるのに、今年のお盆はとうとうお線香もあげに行きませんでした。自分を守るためとはいえ、義母・親戚拒否反応のひどくなってきてない?と自分で心配になります。わたし甘えてない?と。
自分の母親・親戚と私に挟まれている主人にも悪いなあと思います。
他県に住んでいる弟さんのお嫁さんは、可愛げのあるふんわりのんびりした人で、ちゃんと義母とメールでのやり取りをしていたり、こちらに遊びにくるのも楽しみにしています。主人の従妹も義母と仲良く、よく遊びに来たり、一緒にお出かけしているようです。
本当は長男の嫁の私がすることなのに、できない・したいと思えない自分が情けないです。

今の自分の気持ちを誰かに聞いてもらいたくて相談として送らせていただきました。よろしくお願いいたします。