夫が不倫をし、突然の別居から二年経ちます。
最初は、責めたり、女を攻撃したりと、今、冷静に考えると、不倫を知らない普通の人は怖く思うかもしれないと思います。

その後は、子供達に会いに来る夫には、優しく普通に接していました。戻ってきてほしかった、大切だったからです。

別居から二年経ち、多少話してくれたりはするものの、基本は何も変わりませんでした。

そろそろ慰謝料請求の時効がせまり、とても悩みましたが、やることにしました。
その理由は、やらないという選択肢がどうしても見つけられなかった。
自分の意見を相手に主張出来ないなんて、私らしくない。
私を尊重する、認めてあげるためにも、やることにしました。

やるにあたり、夫には伝えました。
そうしたところ、夫から、私が怖いと、言われました。

やり始めたのですが、前向きな自分と後ろ向きな自分がいます。

世の中には、慰謝料請求をしない人もいます。
その人達に、もっと、我慢すれば、大丈夫だったのに。私は我慢が足りないのか?

また、夫は、相変わらず保身ばかり。
そこまで、保身に走らせてしまったのは、私のやり方が間違えていたのでは?
弱いとわかっていた夫の扱いが間違えていたのでは?
もっと、出来たのではないか?と、自分を責めてしまいます。

夫に、私のことが怖いと言われましたが、なぜ、夫は、私が怖いのでしょう?
どのような心理からの怖さなのでしょう?
その恐怖を取り除く事は出来るのでしょうか?

また、やり方を間違えた、努力や我慢が足りないのではないかという自分責めをどのように対応すればよいでしょうか?

教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。