Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

他人は他人、自分は自分と割り切って区別する必要があるとは思っているのですが、どうも癖になっているのか引きずられてしまいがちです。

はじめて相談させていただきます。みかんと申します。

私は世の中の虐待のニュースを見るとなかなか気持ちを切り替えられず、しばらくの間何度もその事件を思い出して気持ちが滅入る時があります。

特に親からの性的虐待などのニュースを見ると本当に気が滅入るしトラウマのような感覚を覚えます。

私自身は親からそういう虐待を受けたことはないのですが、かなり幼少期に他人からそのようなことをされた記憶があります。

虐待の加害者に対しては毎回殺意と憎悪が湧くと同時に、今の自分は苦しんでいる人達に何も出来ない、何が出来るんだろうという無力感やもどかしい気持ちになります。

また、虐待に限らずではありますが、自分が楽しい時間を過ごしている時でも、ふと「世の中には今この瞬間に苦しんでいる人達もいるのに、自分はこんなに楽しい思いをしていていいんだろうか?」と無理矢理辛い事件やニュースを思い出してしまい、再び気持ちが滅入るという時があります。

他人は他人、自分は自分と割り切って区別する必要があるとは思っているのですが、どうも癖になっているのか引きずられてしまいがちです。

こんな私にぜひ何かアドバイスをいただけますと幸いです。

関連記事

1 Comment

  1. 共感性の高いタイプの人たちは、他人の気持ちを感じ取りすぎてしまうが故、自他の境界線が引きにくいのは事実だし、他人軸になりやすいのはしょうがないと思うんです。 だけど、他人の気持ちに寄り添えるという才能は大切にしつつ、なによりもまず自分の幸せを実現するという生き方こそが、実は他人を幸せにできるのだということを信じて欲しいのです。 http://life-size-me.com/boundary/

回答欄

You must login to add a new comment.