大学時代を過ごした福岡県
就職で地元に帰ってしまったけれど 半年に一度は福岡に足を運んでしまう
なかでも
いつでも賑わっていて 大好きな天神の街
誰かとの特別な思い出があるわけじゃない 私はいつも一人でこの街にくるから
それでも
人の手が巧みに入った 本気を感じさせるような 街の演出、イベントたち
みんなこの街の雰囲気(具体的に言えば何なんだろう…)が大好きで
この街をもっと素敵にしてあげたい、この街を喜ばせてあげたい 愛したい
誰とも話さなくても そんな人々の気持ちを感じて こんなに居心地がいいんだと 今は思う

ところが
数年前から再開発の計画で、大好きだった天神の面影がひとつずつ無くなっていく
久々に訪れた天神
いつもショッピングをしていた商業施設が
さら地になっていた衝撃 あるいは あんなに賑わっていたビルが白いフェンスで囲まれている、無機質さ 物悲しさ
その光景に 思いのほかショックを受けている自分がいることに気づいた
他県の 街に 何をこんなに感情を揺さぶられているんだろう
涙が出るのはなんで?
特別な思い出だって特にはない 週一訪れていた程度の日常はあったけれど

「大好きな場所がなくなる」というのはこんなにも 心に穴が開くようなことなんだ
どんなに写真に残しても その場所の空気は2度と吸えない
写真じゃ思い出すのに情報が少なすぎる
人じゃないから もらった言葉も ないわけで

この喪失感に 対象となる人 はおらず、
対「場所」 の喪失感です
とてもふんわりしていますが、
思いの外ショックで 街のことばかり考えてしまいます
クロージングとか、供養とか、お別れの儀式とか、恩返しとか、そういった要素があるような気がしつつ、
この感情と前向きに向き合うアイデアについて どのようなものがあるでしょうか お教えください