こんにちは。
何度かご相談させていただいたことがあります。いつも 温かいご回答をありがとうございます。励みにして日々自己研鑽に努めています。

今回 ご相談させていただきたいのは、友達が少ない虚無感やそれと関連したコンプレックスから抜け出せずにいる思考(執着?)を手放したいという内容です。

私は25歳女ですが、友達が少なく、3、4カ月に1度 友達とご飯に行ければ良い方(コロナ関係なく)です。

しかも相手から誘われることがなく、自分から誘わなければ、会ってくれる人がいません。

また 学生時代から友達が少ないことに関連して次のようなコンプレックスもあります。

・学生の頃、医療系の大学に通っていて空きコマなどないほど忙しかったこともあり よくある学生としての経験(友達と飲みやカフェ巡り、サークル活動、バイト、おしゃれして垢抜けるなど)をしたことがない。

・上記の結果、社会人3年目になった今でも「おしゃれなお店や美味しい店など全く知らず 話について行けない・話を振られると困る、自分がどのくらいお酒を飲めるのかも知らない、世間知らずすぎる、とにかく友達が少ない」という、私にとっては窮地に追い込まれている状況です。

休日に、何の予定も入れずに一人でいる方が楽だと感じる時もよくありますが、ここまで友達と会うことのない/会おうと言ってもらえないことがとても孤独で虚しく思えるし、寂しくて吐き気がします。

自己肯定感を上げるために日々試行錯誤しているので 認めたくないと思ってしまいますが、「友達が少ない・誘ってもらえない・友達との楽しい思い出が無い=自分の存在価値が分からない」と思っている自分がいます。

ただ、仕事や日々に集中していると このコンプレックスや執着は忘れられることがよくあります。

しかし、数少ない友達や、職場の先輩から大学時代の思い出話を聞いたり、この前友達と会って〇〇して楽しかった!などのキラキラした話を聞くと蓋が開いたように 一気にネガティブな感情が流れ込んできて毎回苦しいです。

自分で蓋をして 見て見ぬ振りしていただけで、このコンプレックス・執着は全然救われていないな、癒せてあげていないな と毎回感じます。でも、毎回上手く処理できずにくすぶっています。

自己肯定感を上げようとしている中で いつもこの問題には足を引っ張られています。
このコンプレックスや執着を どのようにすれば手放すことができるでしょうか。

長文になってしまい、すみません。
ご回答いただけると幸いです。