Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

劣等感や嫉妬との付き合い方

大好きな幼馴染に劣等感を抱くようになりました。

幼馴染は、私がコロナの流行で環境が変わって鬱状態になった時に悩みを聞いてくれたり、ドライブに連れていったり支えてくれた優しい子です。

そんな優しく大好きな幼馴染に、ここ最近劣等感を抱くようになりました。

数カ月前に彼女から、「恋活を始め、良い雰囲気の男性が出来た」と聞きました。

その男性に会うようになって身嗜みも気を付けるようになったのか、最近の彼女は綺麗になったように思えます。

本当は友達の恋を応援したいのですが、その話を聞いた時、私は嫉妬してしまいました。

元々恋愛経験が少なく、久しく恋人が居なかった私達。

「暫く恋愛はいいや」と話していた彼女が男性を意識して急に綺麗になったのもショックだし、なんだかその男性に彼女を取られたように感じたり、凄く動揺しました。

また、彼女と自分を比べてしまいます。

私は精神的に不安定な時期に過食をしてしまい、元々ぽっちゃりだったのですが標準体重+20kg位太ってしまいました。

それに対して彼女は細身です。一緒に買い物に行くと、試着をせず華奢な服や靴を変える彼女に勝手に劣等感を抱いてしまいます。

私はどうしても「太っている間は恋愛出来ない」、「どうせ誰も好きになってくれない」、「この体型では大好きな可愛いお洋服も着てはだめだ」などと考えがちです。

恋愛が人生で1番大切という訳ではないし、太っていても恋をしたりお洒落をしている人も沢山居ると分かっています。勿論その人達を否定するつもりもないです。

ただどうしても今、「ありのままの自分」を受け入れられないのです。

そして自信がないせいか、お洒落や恋を楽しんでいる彼女に嫉妬や劣等感を抱いてしまいまいます。

こうやって一人で考えていると、「支えてくれた親友を妬むなんて」「体型管理出来ない自分が悪い」と自己嫌悪がはじまります。

腐ってないで自分磨きするべきだとは分かっています。ただ、心のモヤモヤが気になりいまいち一歩踏み出せません。

何かアドバイスを頂ければ幸いです。

Related Posts

4 Comments

  1. 自己肯定感カウンセラーの村松勇雄です。

    僕たちは、嫉妬や劣等感など自分で感じたくないネガティブな感情を抱いた時、そんな自分に嫌悪し、否定し、そのネガティブ感情を遠ざけようとしてしまいます。ですが、感情にそもそも善悪、良し悪し、美醜はなく、どれも無意識からの大切なメッセージであり、それは嫉妬や劣等感も例外ではありません。
    あなたが、それらネガティブな感情に向き合い、ただ感じ、認め、受け入れた時、嫉妬や劣等感は、あなたがこれから幸せになるための、自分の内からの声だと、気がつくでしょう。
    今回はちょい、ワーク多め。

    *****************回答はこちら*****************
    https://luminousseeds.com/cocoronomarche-how-to-deal-with-inferiority-complex-and-jealousy/

  2. ぴよこさん。

    嫉妬や劣等感に気づいたってことは、自分らしくなるための1歩なのかなって私は思います。
    自分らししくなるためには、自分に意識していくことが大事です。

    私からの回答はこちらから
    https://happy-loves-me.com/2021/07/10/post-1739/

  3. なぜ、今、このタイミングで、
    こんな事件が、ぴよこさんに
    起こったのだと思いますか??

    それはね、
    ぴよこさんも幸せになる
    タイミングだからです。

    今のぴよこさんに必要なのは、
    自分を認めること
    自分責めの声に気づいて手放していくことですよ!

    ▼続きはこちらから
    http://counseling-lotus.com/2021/07/02/post-5026/

  4. 劣等感・コンプレックスって誰にでもあるものだと思うのです。ぴよこさんが、あの人は完璧で、素敵~って思う人にも。
    そして、その劣等感やコンプレックス、嫉妬心を持つジャンルって、あなたにとってとっても大事なものなのですね。
    さらに言うと、そこはあなたの才能や魅力や価値の宝庫だとも言えるのです!

    劣等感や嫉妬心を、自己否定や自己攻撃の材料に使うか、魅力や価値として輝かせるかはあなた次第です♡
    あなたは、どちらを選びますか?
    ▼ご相談への回答はこちらです。
    https://sweetrose.jp/archives/14002

Leave a comment

You must login to add a new comment.