はじめまして。
ある悩みがあり相談させていただきたいです。

私は子どもの頃から勉強がとても苦手なのですが、大人になるほど知的なものへの憧れが強くなり、何度かそのような頭を使う職業の採用試験を受けました。

一度も受かったことはなく、今までの仕事と現在の仕事は接客業や製造業です。
長くやってもお金管理や発注など複雑なことは任せられません。
教育担当などにもなりません。

先日あるblogを読みました。
それは大人になってから軽度知的障害の診断を受けた方が書かれているものでした。
その方のこどものころの様子、社会に出てからの問題などが非常に自分に似ており、とてもショックを受けました。
今でもとても怖いです。

ですがその方は診断を受けて非常に生きるのが楽になったと書かれており、自分も受けたほうがほんとはいいのではないかとずっと迷っています。

家族ではないのですが、いとこや親戚に知的障害があります。
また小学校一年生の時に担任の先生に知的障害児のクラスに連れていかれ、そこの先生の前で朗読をさせられたことがありました。

最初にも書きましたが、わたしはとても知的なものへの憧れが強くあり、自分は勉強はできなかったし、人より物覚えが悪いけど、知能には問題がないはずだとずっと思ってきました。

ですが、それが人生を難しくしてるのではないかとも思うようになってきました。
バカにされることがすごく嫌で、少しでもそういう素振りが見えるとすぐその人が大っ嫌いになります。
だから年をとるほどに友達が居なくなりました。
恋人は15年居ません。
同級生たちはもう中学生くらいの子どもがいます。

このままないものねだりとやりたいことを混同して憧れ続けてどんどん孤独ななっていって仕事もなくなって生きていけるのだろうかと不安です。

どうしていいのか混乱していますし、生きることに疲れてきています。
もう若い頃のように憧れつづけていく気力も無くなってきてしまいました。

わたしはまずどんなことをすればいいのでしょうか。
勇気を出して診断を受けたほうが良いのかずっと考えています。”