以前に全く別の問題で、根本先生のカウンセリングにかかったところ、私の学歴コンプレックスが大きな原因と指摘され、目からウロコな思いでした。おかげでその問題は解決できました。

しかし、わが子が受験を控えた今、まだ自分のこの挫折感や心の傷が再発しており、どう心を持てばいいかわからない状態です。

私は高校3年の大学受験期にカレシができ、転落するように成績が落ち、センター試験に大失敗。その時点で浪人を決めました。一方その彼はセンターで大成功し、見事第一志望の大学に合格。

私は浪人をしたもののやはり第一志望には届かず、第二志望の大学と職種を選びました。

大学生活は楽しかったし、今の仕事は天職と思えるほど自分に合っていると思います。

もし、あのとき第一志望の大学に受かって、当時なりたかった仕事をしていたら・・・・きっと心身を病んでいるか家庭との両立ができずにダウンしているかだろうと思われます。

なので、今は「そうなるべくしてなった」と心から思えています。

ですが、あの受験シーズン、今まで成績が良かったのにどんどん落ちていき、自分よりずっと成績の悪かった友人より点数がとれなくなるあの惨めさ、劣等感、模試の結果が返るたびに感じる絶望感、また親になって当時どれだけ両親を心配させ、またはがっかりさせたかを、同じように成績が伸びずに苦労しているわが子を目の前にして、ずっと忘れていたこの感覚が蘇って、胃の痛い日々が続いています。

もちろん私も社会に出て仕事をして、世の中のことも多少わかるようになっていますので、第一志望の大学に落ちたからといって人生詰んだわけではないとか、一流大学を出たからといって幸せとは限らないし、幸せはひとそれぞれでそこに勝ち負けはないとかいうことは理解できています。

でも、やはり子どもには少しでも高い学歴をつけさせたい、いい就職先を手にしてほしいという思いが強く沸き、模試の結果をみては落ち込んだりしてしまう最もだめなパターンに陥ってしまいます。

また当時のカレシに怒りが沸き「こいつさえいなかったら成績が落ちなかったのに」とか「カレシができたせいで大学に落ちたなんて両親がどれだけ情けなく、心配しただろう。こいつのせいだ!」と思ってしまいます。もう何年も顔さえおもいださなかったくせに!

私も長い間根本先生のメルマガや本にお世話になっていますので、「自己肯定感をあげればよい」とは頭ではわかっています。でも、全く上手くいきません。自分の経験値でも「どっちでもいい」と考えている方が上手くいく、というのもわかっていますが、できません。
「それは子どもの問題で私の問題ではない」と思えるようになるには具体的にどうすればよいでしょうか?