Sign Up

Sign In

Forgot Password

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link and will create a new password via email.

You must login to ask question.

Please briefly explain why you feel this question should be reported.

Please briefly explain why you feel this answer should be reported.

Please briefly explain why you feel this user should be reported.

いつか負の感情ループから抜け出せるのでしょうか

こんにちは。誰かに話を聞いてほしくて書き込みさせていただきます。

私は約5年、心理学を学んだりカウンセリングを受けてきました。
ようやく自分が偉大な存在で愛の人だと理解できるようになってきました。
だいぶ自己受容もできるようになりました。

しかしまだ時折、ふとした瞬間に負の感情が湧き上がりそこから怒涛に負の感情に支配され号泣してしまいます。
「どうしてあんな家に生まれなければいけなかったのか」「どうして末っ子なのに母の母役をしてこなければならなかったのか」「お母さんはいつもお姉ちゃんばかり心配して、お姉ちゃんのためには行動を起こすくせに私には頼らせず母役をさせる」
大体浮かぶのはこんなことです。
そしてひとしきり負の感情が湧くと同時に「死にたい。もう死んでしまいたい」と希死念慮が出てきます。
希死念慮も12才からの付き合いです。本当に行動を起こしたことはありません。こわくてできません。
12才のとき母に「死にたい」と言ったら「死ぬんだったら人の迷惑にならないように、電車に飛び込むんじゃなくて富士の樹海に行きなさい」と言われました。
心配する言葉は一言も言われず、12才にして親に死に場所を指定されました。忘れられません。

自己受容ができるようになったので、負の感情ループに巻き込まれても「つらかったよね、がんばったね」「あなた愛の人だからお母さんあなたの愛に甘えたかったのよ」など寄り添う言葉掛けをしてしばらくすれば落ち着きます。
ですが、負の感情ループで号泣→希死念慮は心も体も疲れます。
自己受容の寄り添う言葉を掛け続ければ、いつか負の感情ループや希死念慮はなくなるのでしょうか。

最近結婚した友達に「あなたも婚活していいんだよ」と言われ、なんでこんなこと言うような子が幸せになって、心理学を何年も学んで何十万もお金をかけてる私には一向に幸せな未来が見えないのかと、自分と向き合うことにも疲れてきてしまいました。
夢を追えど叶う見込みがなく、仕事も給料あがらず、現実の恋愛もなく、推しの存在にキャッキャして癒やされるだけ……34でこんな人生を生きてることが時折つらくなります。
こんな私が幸せになれる日がくるのでしょうか。
コロナ禍でのひとり暮らし、いろいろと考えてしまいます。

Related Posts

4 Comments

  1. 離れる事で自分を楽にする(自分を幸せにする)ことも手放しですが、頑張って手放しするのと同じように「幸せになってしまう」ことで結果として手放すというやり方もありますので、がんばりすぎずに生きている事を楽しいと思えるようなやり方で、ぴーすけさんが母さんとの関係を「痛みの伴う過去」から「もう気にならない過去」に変えていくことが出来ますように。

    ▼ご感想をいただき、もう少し届けたい言葉
    https://many-smiles.com/trouble/have-my-mother-leave

  2. ぴーすけさんにとって幸せになるための選択肢
    が2つあると思います。

    どちらを選んでも良いんです。
    大事なのは自分の幸せのためには
    どうすれば良いのか?を決めること。

    私はあえてお母さんのことを明らめる。
    という選択肢をお勧めしたいと思います。
    でももう一つの選択肢を選んでも良いのです。

    大事なことは、決めること。
    私の体験も含めて、身をもって実感した
    幸せになるために決断することの
    大切さをお伝えしたいと思います、

    https://ichimiyu.com/cocoro-35/

  3. 子どもの時に見る親って、完全体・全知全能の神様のような大きな存在です。
    その親から「大切にされていない」「愛してもらえていない」と思えば、自分が存在していていいのだろうか?と生きることに罪の意識を持ってしまう位悲しい気持ちになります。

    ぴーすけさんが自分の事を幸せにしてあげるために「親を許す」という作業が必要になるかもしれませんが、許すと言っても「感謝して愛を探す」のではなく、お母さんから離れる・お母さんを諦める、という方法も一つの許しの方法です。

    ▼ご相談へのお返事
    https://many-smiles.com/trouble/the-day-when-suicidal-ideation-disappears

  4. 当時の気持ちに寄り添うこと、認めてあげることは大切です。
    ですが、それだけに留まらず過去の出来事を乗り越えるためには【許し】が必要です。

    【許し】を経ることで、初めてその過去の傷を手放せたことになると私は思います。

    もう一度、違う視点で向き合ってみませんか?
    ======回答はこちら======
    https://counseling-sou.com/2021/08/30/marche-412/

Leave a comment

You must login to add a new comment.