はじめまして。
根本先生のファンで、ココロノマルシェもいつも拝読しています。カウンセラーのみなさまの優しいお言葉に、何度も救われています。
こんな三方良しの素晴らしいサービスを開設してくださった根本先生、いつも心をこめてご回答くださっているカウンセラーのみなさま、本当にありがとうございます。

以下、相談内容になります(長文で申し訳ありません)。

***

主人とは2年の社内恋愛を経て、5年前に結婚しました。現在、私も主人も30代半ばで共働き、子どもはいません。
主人の「自然体で見栄を張らず、自分にも人にも嘘をつかない正直な性格」が好きです。が、表裏一体で、「相手や周囲に合わせず、自分のやりたいことしかやりたくない性格」に苦しんでいます。

付き合って半年も経たないうちに、主人側からの拒否でセックスレスになりました。主人は前述のような性格のため、セックスが面倒で一人でするのが好きとのことで、同棲を始めて以降、何度か「今から一人でするから(寝室に)入ってこないでね」と言われたこともあります。当初は「このまま結婚したとしても、将来的に妊活に協力してくれればいいか」と自分を納得させていたのですが、すごく荒んだ気持ちになったものでした。主人とは、かれこれ6年半ほどしていません。
そして、セックスレスには目を背けたまま、結婚しました。私は「セックス以外にも2人で楽しめることはある」「妊活には協力してくれるだろう」と楽観的に捉えていました。主人も、私から求められることがなくなっていたため、セックスレスは問題ではないと捉えていたと思います。

しかし、やはり私にとってセックス…というより女性として扱われることは大切だったようで、結婚と同時期に私がW不倫に走ってしまいました。半ば強引に誘われる形ではあったものの、人肌に飢えていた私も誘惑に勝てず、という始まりでした。
ほどなくして私の気持ちが不倫相手に完全に行ってしまいそうになり、私から不倫相手に別れを告げました。が、また彼から連絡が来て関係が戻り、再び本気になる前に私から離れ…と、少し前まで戻ったり離れたりの関係性でした。
不倫期間中は、彼と会っている時しか幸せを感じられず、普段は「寂しい」「悲しい」「悔しい」「虚しい」「惨め」「嫉妬」といった気持ちや無価値感に支配されていました。そして、彼の最優先事項は家族と仕事で、私は都合のいい存在でしかない自覚があったため、彼への欲求の大半は抑え込んでいました。
今現在、彼との関係は解消していますが、未だに苦しい気持ちが蘇ることが多々あり、その度に胸が締め付けられます。

不倫期間中、主人とは完全にルームメイトのような関係性になっており、家事・家計も折半で、ご飯以外は互いの自室にこもっているような結婚生活でした。とくに、ゲームが好きな主人は、睡眠・食事・仕事以外はモニターの前に座り続け、休日は殆ど出かけなくなり(早朝までゲーム→夕方まで寝る、の繰り返し)、私とのコミュニケーションはほぼない状態になっていました。
また、主人は「俺に応える気がないから、他の人に性愛を求めるのは仕方ないね」と言っており、私の婚外恋愛を許可してくれていました(とはいえ、主人に不倫の事実を共有したことはありません)。

こういった経緯がありながらも、最近になって「自分の子どもに愛情を注ぎたい」という欲求がむくむくと膨らんできて、主人に妊活したい旨相談しました。しかし、主人からは「パピヨンと妊活する気はない、子どもがほしいならパピヨンのために離婚して婚活を勧める」と、以下理由を添えて返答されました。

・パピヨンから妊娠や育児のストレス、情緒不安定さを自分に向けられそうで不安
・パピヨンが求めるコミュニケーションやスキンシップに無理して応えてまで一緒にいたいとは思わない
・たばことお酒を我慢してまで子どもはほしくない

そして、「俺は離婚してもいいし、しなくてもいい。でも、離婚しないなら子どもがいない人生を覚悟したほうがいい。」と言われ、離婚するかしないかは私に委ねられました。
こんな関係性とはいえたくさんの思い出や情、主人の好きなところもあり、主人と別れたくない気持ちは山々でしたが、一週間ほど悩んだ末に「もっと寄り添い合えて、さらに子どもを希望している人との出会いに期待しよう」と離婚を決意し、主人に離婚届への記入をお願いしました。

しかし、主人に離婚届とボールペンを渡したときでした。主人が机に突っ伏し、「寂しいよ、書きたくないよ」と震え声で言い始めたのです。
それまで感情を口にすることの少なかった主人のその姿に驚くと同時に、その言葉を嬉しく感じた私は思わず「じゃあ離婚はやめよう」と返しました。少し経ってから主人が「これまでごめんね、パピヨンの気持ちに応えられるようもう少し頑張るね」と涙ながらに言ってくれ、「私も過度な期待をしないように努めるね」と返しました。
翌日、仲直り記念として共に大好物のお寿司で晩酌しながら今後のことを語り合いました。

しかし、そんなこんなで主人と再構築するに至ったものの、心が晴れません。
以下が心に陰りを作っているのでは、と自分では推察しています。

・主人が歩み寄りを見せてくれたものの、その先に私の望む未来(コミュニケーションやスキンシップ、ひいては妊活)があるかどうかはわからない不安 ※1
・これからの人生、女性として扱われたり、肌を重ねたりする喜びをもう経験できなくなるという失望 ※2
・不倫期間中の苦しさ・無価値感・我慢によって負った、まだ癒やしきれていない傷
・許可されていたものの、不倫が終わってしばらく経たないうちに妊活したいと言い始める自分の貪欲さ
・離婚を決意したものの、主人の「寂しいよ、書きたくないよ」という言葉ですぐに離婚を取り下げた自分の芯のなさ
・ギャンブルと母に依存する父、仕事と不倫相手に依存する母、私を蔑んだり無視したりする姉2人のもと、貧困家庭のヤングケアラーとして育った生い立ち

※1…冒頭に書いたように、主人は嘘をつきません。だから、「もう少し頑張るね」という言葉は信じています。ただ、主人は「この頑張りがどの程度なのかは自分でも正直わからない、妊活する気にならない可能性も大きい」とも言っています。
※2…これからは主人と向き合おうと決めているため、許可されても婚外恋愛はしないつもりです。また、仲直り記念の晩酌の際、「妊活するにしても、セックスではなく医療や科学の力に頼りたい」と主人は言っていました。

心晴れやかに、前を向いて日々を過ごしたいです。
カウンセラーのみなさま、私の心に陰りを作っているものの正体は何なのでしょうか。
また、前を向くためのアドバイスやセックスレス解消のためのヒントをいただけませんでしょうか。