いつもお弟子の皆さんの回答や根本先生のブログで勉強、号泣(浄化)させていただいてます。

ひと昔前に比べれば、ずいぶんと卑屈な自分を手放し、楽に生きられるようになってきました。
ありがとうございます!

現在は、母子癒着を解消したり、過去の感情を解放して、セクシャリティを全開にしたい!

もっと自由にエネルギッシュに生きたい!

との思いから、お恨み帳を書いているのですが、書き方について質問があったので、きっと書きまくっているであろうお弟子さんに方に質問だわ!と思いつき、こちらを送らせていただいております。

質問の内容としましては、母以外。私をのけ者にした過去の友人や元彼等には罵詈雑言をいくらでもはけるのですが、母に対しては悲しい、寂しいといった感情しか動かず、怒りがあまりわきません。

これは悲しい寂しいという気持ちを書き続けていれば良いのでしょうか?

かといって、感謝の手紙を書くのは抵抗があるのです。

と、いうことは怒りもあるはずだと思っているんですが、いまいち筆がのらないのです。

これは何のブロックがあると思いますか?

ただの極度のマザコン決定で終了でしょうか笑

打開策や書き方のコツなどあればご教授いただきたいです。よろしくお願いします。